地球侵略!コルレオニス (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.70
  • (3)
  • (9)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088702483

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ボーイ・ミーツ・ガール
    大きな勢力に抗えず、もがく主人公
    無敵のロボット
    少年漫画の王道を揃えつつ、バランスよくまとめてあって、嫌な感じがしない。

    1巻完結は勿体無いボリュームに感じたが、綺麗にまとまっているからこれに手を加える部分は無いと思う。つまり無駄がなくて最高だってことだ。

    見所:兄弟喧嘩

  • 地球侵略のためやってきた宇宙人(王子)と地球人の少女(ドーナツ屋の娘)の恋愛を中心にロボットバトル要素も盛り込んだSFロボットラブコメ。

    主人公とヒロインの世間知らずな真面目さや優しさ、そんな二人の純粋な恋愛模様が微笑ましいです。

    加えてロボットバトル部分も、画力の高さや技のコミカルさ、ロボットデザインの良さで見る人を魅了します。

    主人公やロボットの良い意味でのダサカッコよさが炸裂する良作。

    一巻完結ですが、続きが読みたくなる作品です。

  • 王道だけど、面白かった。
    オヤクソクを上手に使った作品。
    メカ、上手だなぁ。

  • 絵がうまくて、話にも勢いがあって、とても面白かった。あと2、3巻くらいは続けてほしかったなー・・・

  • カバー下のロボ子が嬉しい…笑

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1993年、茨城県生まれ
2016年3月、北海道大学文学部卒業
2021年3月、北海道大学大学院文学研究科歴史地域文化学専攻博士後期課程修了。博士(文学)
外務省外交史料館アジア歴史資料センター協力室非常勤職員、防衛大学校総合安全保障研究科後期課程特別研究員を経て
2022年4月より別府大学専任講師

■主な著書・論文
『聯合艦隊:海軍の象徴の実像』中央公論新社、2022年
「ワシントン海軍軍縮後の連合艦隊:その制度の変遷と戦争指導の分裂」史学会編『史学雑誌』第128編8号,2019年8月
「友鶴事件と海軍軍縮条約脱退への道」軍事史学会編『軍事史学』第57巻第2号,2021年9月

「2022年 『日本海軍連合艦隊の研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木村聡の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×