To LOVEる -とらぶる- ダークネス (4) (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : 長谷見 沙貴 
  • 集英社
4.02
  • (47)
  • (42)
  • (42)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 629
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088703947

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コミック

  • 大人の色気。

  • またしてもララの発明品のせいで、リトとヤミが手を繋いだまま離れなくなってしまいます。これを機に、ヤミがリトに心を開き、彼女の過去について話し始めます。

    ところが、ヤミの話に登場した、彼女の生みの親であるティアーユ・ルナティークが、彩南学園に教師としてやってくることになります。しかし、ティアーユとの別れの後、兵器として生きてきたヤミは、彼女に対して以前のように親しく付き合うことはできません。それでもリトたちは、2人が今でもお互いに深くつながっていることを確信します。

    そんなティアーユの動向を探ろうとメアが接近し、一触即発の危機になります。しかしティアーユは、ヤミと同じくメアに対しても、人への信頼を知ってほしいと訴えかけます。

    巻末の番外編は、春菜がネコになってしまい、リトに身体を洗われてしまう話と、モモがリトのことを想いながらしっぽオナに耽る話の2本立て。これまで以上に過激な内容です。

  • 生きがい。

  • 素晴らしい。超次元エロ漫画

    テニプリとは方向性は違えどやってることは同じ。インフレにつぐインフレ。エロのインフレが起きているのだ。エロも突き詰めるとギャグに昇華されるんだな

  • ロリヤミたん

  • ヤミちゃん~❤

  • ティアーユ(;´Д`)ハァハァ

  • 12.15

    ヤミちゃんの巻。
    ほぼヤミちゃんで構成されててヤミちゃん好きな私には神巻でした。
    矢吹先生の描く人物は本当に可愛くて綺麗で素敵です。

    「殺し屋になって以来、心の底から落ち着いて眠った事はありません。目を閉じても体を休めるだけで深い睡眠はとらないようにしています」

    「一度離れてしまった心の距離を取り戻すのは簡単じゃないわ。でも…いつか時間がかかってもいいから、昔の二人に戻れるといいな…」

  • ティアーユ先生イイネ・不足していた巨乳成分が補われてしまったね。もう一分のスキもないね

  •  『とらぶる』はネットで話題になりやすく、コミックを購入するころには肝心な所のインパクトが薄てしまいました。情報社会における話題作の弊害です。

  • ヤミちゃんはもちろん可愛いし、ティアーユもドジっ子で最高です。

  • しょーもなくエロいけど絵上手。

  • シリアスとエロスの混在。まるで成年漫画のようだ……ッ!

  • ヤミ巻。でっかいヤミも出てくるし。

    エロいのはともかくちゃんと話が進んでいるのは驚異。本作のメインを語っていく。
    ‥という感想はおいて、おっぱいが上手くなってきたな~メアちゃん、ペロペロしたい~(壊

  • あいかわらずエロ本以上にエロくて素晴らしいです。そしてついに明かされる宇宙人のひとり○○……!
    やっぱそこつかうのかw

  • ラブコメ

  • 少年誌の限界に挑戦する描写。
    同人誌を超える原作。

  • まさかティアーユまで出てくるとは思わなかった。懐かしい

  • まさかのティアーユ登場。そして相変わらずの裸率である。リトさんまじぱねぇっす。

全29件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

矢吹 健太朗(やぶき けんたろう)
1980年高知県生まれ、岡山県育ちの漫画家。男性。
第14回天下一漫画賞(1997年9月期)で、「MOON DUST」により秋本治審査員特別賞を受賞。デビュー時は現役高校生だった。初連載作『邪馬台幻想記』開始時は18歳。
代表作に『BLACK CAT』、『To LOVEる -とらぶる-シリーズ』。

To LOVEる -とらぶる- ダークネス (4) (ジャンプコミックス)のその他の作品

矢吹健太朗の作品

To LOVEる -とらぶる- ダークネス (4) (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする