SKET DANCE 28 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.05
  • (27)
  • (27)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 328
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088705996

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • スイッチ・オン最後まで、と、後日談…というかスケット団結成時のあれこれ、まで収録した一冊。
    明るく仲良しスケット団三人のシリアスな過去と、ヒメコとスイッチがボッスンを慕って認めている理由がここにやっと明かされましたね。
    スイッチ・オフのあとから現在まで、作者でさえどう解決するか長く構想を練っていたスイッチの深い心の傷は、一生完全回復はできないでしょう。スイッチが自分で広げていた傷口に、ボッスンは絆創膏を貼りました。でもまだ傷はその下に生々しく存在します。
    絆創膏を剥がして、瘡蓋になるのを一緒に見守ってくれる人は、多分ボッスンではないのでしょう。

    ヒメコが今のノリになっていく過程もじわじわ描かれていて和みました。
    ボッスンほんとうにいいやつ。
    ジャンプで一番好きなまんがです。

  • 小田倉くんはすごいイイ奴だよね。
    自分を責めてもいいけど、そのことによって、誰かも必要のない責めを感じてしまうことがあるから、そういうことは・・・

  • コミック

  • 底のない闇からの出発。それがスイッチ。すごい巻だった。

  • .

  • 4〜5

  • 読むことができてよかった。ぼたぼたぼたぼた(涙が落ちる音)

  • ついにスイッチオン…(´;ω;`)

  • 裏サイトは怖い!

  • 待望の「スイッチ・オン」編。
    読んで正直な感想を申せば、"巧い"なぁ、といったもので、様々なイベントを絡めて、納得のエピソードになってますな。逆に言えば、ドラマティックになり過ぎている感もあったり。

全31件中 1 - 10件を表示

篠原健太の作品

SKET DANCE 28 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする