暗殺教室 2 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.11
  • (254)
  • (301)
  • (145)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 3192
レビュー : 136
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088706047

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んでいて殺先生をどんどん好きになる …のも一つの作戦なのかっ

  • 【あらすじ】
    E組に新たに配属された美人外国語教師。彼女の正体は美貌と巧みな話術で対象に近付く凄腕の殺し屋だった!! 殺せんせー暗殺の準備が着々と進み…!?

    【感想】

  • 面白くなってきた。外で読んでると笑っちゃうわ。殺せんせーユーモアある。第一目標を達成できなかったときのために、第二、第三を考えておく。そのために勉強しろって、すばらしい社会教育だ。世の中思い通りにいくことの方が少ない。さてさて、生徒たちは順調にお勉強できるようになりながら、暗殺の方はどうなんでしょう。せんせーを好きになって殺せなくなりそうだね。

  • ■書名

    書名:暗殺教室 2
    著者:松井優征

    ■概要

    E組に新たに配属された美人外国語教師。彼女の正体は美貌と巧み
    な話術で対象に近付く凄腕の殺し屋だった!! 殺せんせー暗殺の準
    備が着々と進み…!?
    (From amazon)

    ■感想

    人物の作り方と各キャラクターの弱点を作るのが上手です。
    強さと速さだけ見れば「殺せんせー」が圧倒的ですが、教師という
    職業上の弱点があり、そこを、実際に殺す(命を奪う)とは違う殺し
    方をする理事長。

    この話は面白かったです。

    理事長の考え方も一理あり、立場が違うもの同士の考え方の相違
    と行動の相違が面白いですし、説得力があります。

    ただ、実際には、殺せんせーの本当の目的は果たされているわけで
    理事長も殺せんせーの掌の上って感じですかね。今のところは。

    今後、この理事長がどうなるか楽しみですね。

    修学旅行編も面白くなりそうですし、この本、本気で集めようかと
    思い始めてきます。

    ■自分がこの作品のPOPを作るとしたら?(最大5行)

    先生を暗殺する学園物語の2巻です。
    相変わらずのテンポの良さと面白さです。
    次の巻も楽しみ!

  • びっち先生。

  • 殺せんせーを殺害するために送り込まれた殺し屋、通称ビッチ先生(笑)
    かなりの美人でかなりのナイスバディ―を持っていて暗殺の腕も良いはず…ですが、やっぱり殺せんせーにはかなわない。
    殺せんせーと烏間に言われ態度を改めてからは完全にいじられキャラで生徒たちとの掛け合いが面白いです。何気ないところにギャグがちりばめられていて笑える。面白いです。

  • 本物の女殺し屋が来たけど教室が多少にぎやかになっただけという。。
    分身して、一人ひとりにぴったりな勉強カリキュラムを組んで教えてくれるなんてなんてスーパー先生なのか。
    生徒のこと良く見ていて生徒思いの本当にいい先生ですね。
    イリーナと烏間の掛け合いが好きです。

  •  本巻では、少年誌ギリギリな暗殺者、イリーナ・イェラビッチが登場。アニメ化するとき「ビッチ先生」という呼び方が放送コード上問題無いのか心配ではありますが、色仕掛けで殺せんせーをデレデレさせるところは是非アニメで見てみたいところです。

     本作の二大テーマは暗殺と教育。その後者のラスボスとして理事長が登場します。働き蟻の法則と"下"を叩いて見下すことでやる気を維持させる嫌なシステム、その結晶であるところのE組に対する差別的取り扱いがかなり表面化してきます。
     こういう後ろ暗い連中の理不尽に対して、殺せんせーのような反則丸出しの存在が笑いのめす形でひっくり返してくれるんだろうなぁ、と期待してます。

     本巻の最後は修学旅行編。広辞苑のような修学旅行のしおりを作ってしまうほど張り切っている殺せんせーですが、行きの新幹線でいかにも嫌な連中が登場。自由行動中に女の子が拉致されてしまいます。私は本作をkindleで読んでいるのですが、続きが気になって仕方ありません。電子書籍版を待てずに単行本を買っちゃいそうです。

  • E組のために一生懸命がんばる殺せんせー!
    かっこよすぎます!

    テストの問題を解いてる時の表現が上手くて「おおっ」ってなった。

  • ヌルフフフフフフフフ

著者プロフィール

松井優征(まつい ゆうせい)
1979年生まれ、埼玉県出身の漫画家。2001年に「ラビングデッド」で第51回天下一漫画賞審査員特別賞受賞。
2004年に 「魔人探偵脳噛ネウロ」で第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞準入選。同時に漫画家デビューを果たす。テレビアニメ化もされた代表作の一つとなる。
2012年、『週刊少年ジャンプ』31号から『暗殺教室』を連載開始。恩師を殺すことが最終目的、という設定から極めて高い人気を誇り、アニメ化、実写映画化される大ヒット作・代表作になった。

暗殺教室 2 (ジャンプコミックス)のその他の作品

松井優征の作品

ツイートする