銀魂-ぎんたま- 49 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.75
  • (20)
  • (45)
  • (39)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 591
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088706474

作品紹介・あらすじ

「北斗心軒」女店主の幾松が、夫との約束を果たそうと待ち続けるとある客。夫亡き後、訪れなくなったというその客を捜す桂と銀さんたちは、思いも寄らぬ素性を知り!? 他にも真選組と見廻組とか万事屋の服装とか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・鞘をなくした刀のお話の続き
    銀時vs沖田(クサナギvsマガナギ)の戦いでシリアスになるかと思ったら、ときどき下ネタが入ってました。
    でも、綺麗な終わり方でした。
    ・「銀魂のすごろく」の作り直し
    むちゃくちゃな回でした。
    ゲームの主人公の台詞がはい・いいえじゃなくてS・Mていうのが全てでした。
    ・一杯のラーメン
    幾松の登場回。
    あのおじさんが幾松のお父さんだったとは…。
    好きなお話です。
    この先、桂と幾松の仲がどうなっていくのか気になります。
    ・万事屋メンバーのイメチェン
    銀さんが半袖、片肌脱ぎをつっこまれてからが面白かったです。
    ・警察組織の特別講習
    膨大な事件のデータを元に作られた事件が「桃太郎」って!?と思いましたが、事件の真相のほうがもっと予想を超えてきました。
    ・かぶき町イメージアップ
    いろんなとこから怒られそうなお話。
    この無限ループみたいな感じが好きですが、よくこれをアニメで放送しましたね…。

  • 「北斗心軒」女店主の幾松が、夫との約束を果たそうと待ち続けるとある客。夫亡き後、訪れなくなったというその客を捜す桂と銀さんたちは、思いも寄らぬ素性を知り!? 他にも真選組と見廻組とか万事屋の服装とか。(Amazon紹介より)

  • 銀さんの女房役は桂だと思ってるけど、桂と幾松っちゃんはかわいい、桂さん逆玉じゃん!

    あと、銀さんや桂に、長谷川さんと敬称で呼ばれ、銀さんヅラっち呼びなマダオはほんと愛されてるな、と思います。

  • 沖田の刀編後半とテイルズオブと幾松家族編と万屋ファッション話と真選組対見廻組桃太郎殺人事件と新歌舞伎町四天王ゆるキャラ編。
    バランス良く楽しめました!
    ファッションと桃太郎事件が特に好き。
    見廻組のギャグ好きです。アニメ楽しみ。

  • テイルズオブったらあかんがなw そして、あのおやっさんが幾松の親父さん…まさか。銀さんと神楽の衣装。ズンボラ星人て何者なん。新かぶき町四天王、ちょっぴりスケールダウン感あるけど、お妙最強?

  • なんか北の国からを思い出した。

  • 銀魂のシリアス展開はあまり好きではないので、本巻はそれが少なめでよかった。

  • 変わらず、くだらねー。次回は、新四天王か?ちがうか。

  • いろいろと衝撃的だった49巻(笑)前巻からの刀のお話は、下満載でかなり好きですwww不覚にもクサナギさんにほろりとしてしまったり。バンナム回はアニメで見たいなあああああ!銀魂のゲームネタは中の人によってさらに説得力が増すので…。幾松回、まさかの武蔵がお父さんだったとは…!今までもちょいちょいかっこよかったけど、シビれました。奥手桂さんかわいい(笑)いちばん衝撃的だったのが、神楽ちゃんの髪飾りがペ○スケースだったこと!すんばらしいヒロインだな!!!他にもシミュレーションとかかぶき町イメージアップとか。土方さんや銀ちゃんがボケなお話は個人的に嬉しいです。

  • 前巻からの続き
    (マガナギに食われた!?)沖田vs.銀さん&クサナギ…の決着から。
    結局、沖田最強説てコトでいんですかねw

    今巻のメインは、幾松さんの家族の話。
    記憶喪失って現実に見たことないけど、本当にあるならこういう悲劇(?)も起こりうるのかなー…(x_x;)
    幾松さんのお父さんが、まさか度々登場していたあの人だったとは!!
    幾松さんの亡くなった旦那さんとも、そんなつながりがあったのね~。
    大晦日の夜、ラーメンを分ける数が増えてよかったね(*´∇`*)

    あとは他に、
    双六ゲームの作り直しとか、万事屋のオシャレ?とか
    真選組と見廻組の現場検証対決とか、次世代かぶき町四天王によるゆるキャラ製作とか。

全31件中 1 - 10件を表示

銀魂-ぎんたま- 49 (ジャンプコミックス)のその他の作品

空知英秋の作品

銀魂-ぎんたま- 49 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする