終わりのセラフ 2 (ジャンプコミックス)

制作 : 鏡 貴也 
  • 集英社
3.81
  • (36)
  • (54)
  • (44)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 714
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088706733

作品紹介・あらすじ

ついに月鬼ノ組の研修生になった優一郎。だがクラスには君月という問題児が…。二人は上位の鬼呪装備獲得に向け争うが!? 一方、死亡したはずのミカエラが、成長した姿で地上に出現! その存在は正か邪か!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 優が鬼の力を身につける。
    3人とも合格。

  • あまりにも簡単に、最高武器『黒鬼』シリーズを獲得。
    まだ、鬼がどんな存在なのかもわかっていないのに…

    とにかく、吸血鬼と戦う準備ができたってことか。

  • キャラクターの見分けがつかない!
    みんなイケメンですがねw
    イケメンすぎて特徴が…。

    いっぱいキャラと世界設定、武器設定てんこもりで
    物語を楽しむというより情報過多!
    ちょっとまだ入り込めない感じなのでもう少し読んでみよう。親しい人と対立する話は苦しくなるので、あんまり好きじゃないんですよねぇ。

  • 一瀬グレン、カッコイイ。

  • 「終わりのセラフ 名古屋決戦編」
    TOKYO MX 土曜22:00~
    入野自由、小野賢章、中村悠一、櫻井孝宏、早見沙織、岡本信彦、石川界人
    http://owarino-seraph.jp/

  • 君月はあんまり必要ない子だと思う、弱っぽいし

  • 【ストーリー★☆/キャラ★★/心理★★/情景描写★☆/没入度★☆】

    <あらすじ>
    ようやく吸血鬼殲滅部隊「月鬼ノ組」に入隊した優一郎。友だちの与一と共に鬼呪装備獲得を目指す。
    優しさが取り柄の与一が鬼呪装備を手に入れる目的とは…

    <感想>
    徐々に、生き残った人類が組織する「日本帝鬼軍」の内情が見えてきます。そこに絡む人間関係。なにかありますねぇ。
    それと、優一郎の友だちの与一、反発しあうが実力伯仲の君月が吸血鬼殲滅部隊に入った理由も明らかに。
    シノアはどういう立ち位置になっていくのか見どころですね。

  • 鬼呪装備入手の経緯。後書きにもあったけどやっぱり与一は弓なんだなー。新キャラ君月君は頭脳派?
    議会の派閥があったりして何だかグレンの周りも大変そうですね。シノアも何か腹に一物ありそう。
    次巻はいよいよミカエルと優一郎が対峙したりするんだろうか(ワクワク)

  • 君月くん登場。すごく好み。
    鬼呪装備も手に入れて、次巻ミカとどうなるのか楽しみ。

  • ここでだいたい主要メンバーが出そろったのかな?
    どのキャラがどんな立ち位置なのかも、おおよそ分かった。

    あとはどう展開してくかだ。

全20件中 1 - 10件を表示

終わりのセラフ 2 (ジャンプコミックス)のその他の作品

山本ヤマトの作品

終わりのセラフ 2 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする