ワンパンマン 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : ONE 
  • 集英社
4.17
  • (310)
  • (241)
  • (135)
  • (21)
  • (5)
本棚登録 : 2761
レビュー : 168
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088707013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • “思えばあれから3年経つのか……
    俺はハゲるくらい死に物狂いで特訓して無敵のパワーを身につける事に成功した
    なりたかったヒーローになれたはずだった
    だが なぜだろう
    こんなにも心が満たされないのは……”

    となりのヤングジャンプの方のワンパンマン。
    題名は知ってたけれどONEさんが絵を描いている方もこっちの方も読んだ事無かった。
    面白い。

    Thank to I.Y.

    “「ちょっと待った」「ん?」
    「俺は単独で正義活動をしているサイボーグ ジェノスという者だ!
    ぜひ名前を教えてほしい」「え サイタマだけど?」
    「弟子にしていただきたい」「あ…うん …え?」”

  • モスキート娘が好きです。ワンパンでやられてしまうのはこの漫画の敵キャラの宿命なんだものね(ノω・、)

  • 村田先生の絵で!?ということで買って、やっと読む。う、上手い…アメコミ…ドラゴンボール…!原作を敬い、かつとっても楽しんで描いている感じがよいです。ジェノスが割増でイケメンです。
    こんな話あったなと思いながら。番外編面白かった。

  • 4巻まで借りてその場で読んだ。
    基本的に絵はすごくかっこいいし、迫力がある。
    主人公は才能のある天才なんだろうが、強過ぎるヒーローというのも確かに苦労があるのだろう。
    シュールな笑いをさそうが、何巻も続けて読んでいくと飽きるかも。もう少し引き込まれる展開が欲しい!

  • 一撃必殺!強くなりすぎて、どんな凶悪な怪人もワンパンチで倒してしまうヒーロー“サイタマ”。平熱系最強ヒーローの伝説開幕!!WEB界のカリスマと超絶絵師タッグが贈る、日常ノックアウトコミック!!

    ワンパンチで敵をねじ伏せるのに、全く爽快感がない、なんとも不思議な漫画です。村田雄介の画力が生み出す戦闘シーンの迫力もいいですが、脱力感満載のシーンのほうが面白い。なんだこれ?バトル漫画?何漫画?新感覚です。続きが楽しみです。

  • 超おもしろ!

  • 絵が上手い。戦闘かっこいい。パニックちゃん可愛い。

  • 色々と気になっていたコミック。この間、古本屋でまとめて売っていたので衝動買い。「アン〇ンマン」のパロディーだと思っている時期がウチにもありましたが全然関係なかったぜw簡単な内容は「鍛えすぎて、どんな怪人でもワンパンで倒してしまう、趣味でヒーローやてる者」の漫画。ま~まだ1巻しか読んでないけど、結構好きです♪

  • どんな凶悪な怪人でも、ワンパンチで倒すニュー・ヒーローの誕生。主人公の趣味でヒーローやってる”さいたま”の活躍?を描く脱力系ヒーロー・コミック

  • サイタマ先生のどこか達観的な、でもヒーローであり続ける姿が好き。

全168件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

村田 雄介(むらた ゆうすけ)
1978年、熊本県生まれ。転勤族の家庭だったため全国を転々としており、一番長く滞在したのは宮城県。
中学生時代、アクションゲーム『ロックマン4 新たなる野望!!』および『ロックマン5 ブルースの罠!?』の企画「ボスキャラ募集」に応募して、ダストマン、クリスタルマンが採用。1995年「パートナー」でホップ☆ステップ賞入選、1998年「さむいはなし」で第51回赤塚賞準入選。
代表作は『アイシールド21』(作画)、『ワンパンマン』(作画)。両者ともにテレビアニメ化されている。

ワンパンマン 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

村田雄介の作品

ツイートする