ワンパンマン 2 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : ONE 
  • 集英社
4.19
  • (184)
  • (142)
  • (81)
  • (5)
  • (5)
本棚登録 : 1815
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088707020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1巻よりテンポが良くなってきたように感じる。

    ただやっぱり絵が上手すぎてギャグが映えないのが残念。
    全体的にもう少しゆるく描かれてたらバランスとれそう。

    • ひふみくんさん
      はじめまして、こんにちは、ゆつと申します。
      ナオコさんのレビューを拝見させていただいて、もやっとしていたものが解決されました。こういう風に...
      はじめまして、こんにちは、ゆつと申します。
      ナオコさんのレビューを拝見させていただいて、もやっとしていたものが解決されました。こういう風に書けばよかったのか!と。
      自分の中で、とても的を得ているご意見だと思いました。これからも、ナオコさんのレビュー、期待しています!
      2015/05/25
  • 早寝早起き、一日三食、腹筋と腕立て伏せとスクワットを1日100回、ジョギング10km、冷暖房は使わない、という生活を3年間毎日続ける。
    それだけで、そんな超人的力が使えるようになるか!?というツッコミは当然誰でもしたくなるだろう。

    しかし、実際にそれを実現できるだろうか?
    もし本当に実現できたら、かなり変わることができるだろう、と考えさせられた。

  • 画力すげえ。サイタマはいったいなんなんだろうな

  • こんな天才科学者いたら、本当に不老不死も夢じゃないかも。
    サイタマの強さの秘密。それは腕立て伏せ100回 状態起こし100回 スクワット100回 ランニング10キロを毎日やること。らしい。確かに毎日続けたのはすごいけども。
    忍者とか新キャラ出てきました。ヒーロー名簿とか職業ヒーローってなんかタイバニみたい。

  • 2巻。
    つまらないわけではないけど、ずっとこのノリが続くのかと思うと、今後ずっと追いかけるのは厳しいかもしれない。

  • 第9~15話+番外編「じぶんみがき」収録。
    表紙かっこえええ!と思ったら主人公隠れてた(笑)その主人公が唯一イケメンになる場面は、11話見開きかな。ついに明かされたサイタマのトレーニング内容。でもこれだけで強くなったり剥げたりするのおかしいやろ!ジェノスや博士の苦労はいったい(^_^;)新キャラ・音速のソニックに対し、ジェノスの台詞「誰ですか?その頭痛が痛いみたいな名前の人物は?」に噴いたwww確かにそうだねwwwさて、15話でサイタマは最強にも関わらず無名な理由が判明、いつになったら努力が報われるやら…。
    (追記)
    原作者のONEさんの公式サイトで、続きを読んでみた。うーん80話以上もあるのか…。しかもまだ連載中って長いわー。人気のあるうちに売ってしまおう。

  • 桃源団には頑張っていただきたい。

  • 強さの秘密!
    一巻のオチの秀逸さには叶わなかったかな。

  • “「サイタマ先生の強さは明らかに身体を鍛えた程度のものではない!
    俺はそれが知りたいのです」
    「ジェノス
    んな事言われても 他に何もねーぞ」”

    絵の力の入り具合と抜け具合の緩急が最高。

    Thanks to I.Y.

    “ 「サイタマ!次に会った時がお前の最期だ!
    究極の忍術で確実に仕留める!この音速のソニックがな!」
    「ああ!頑張れよ!」”

  • んー。面白かった。

著者プロフィール

村田 雄介(むらた ゆうすけ)
1978年、熊本県生まれ。転勤族の家庭だったため全国を転々としており、一番長く滞在したのは宮城県。
中学生時代、アクションゲーム『ロックマン4 新たなる野望!!』および『ロックマン5 ブルースの罠!?』の企画「ボスキャラ募集」に応募して、ダストマン、クリスタルマンが採用。1995年「パートナー」でホップ☆ステップ賞入選、1998年「さむいはなし」で第51回赤塚賞準入選。
代表作は『アイシールド21』(作画)、『ワンパンマン』(作画)。両者ともにテレビアニメ化されている。

ワンパンマン 2 (ジャンプコミックス)のその他の作品

村田雄介の作品

ツイートする