終わりのセラフ 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : 降矢 大輔  鏡 貴也 
  • 集英社
3.71
  • (54)
  • (86)
  • (88)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 1104
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088707051

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かったです。
    絵が綺麗なので、読みやすいです。
    ですが、優一郎と与一の容姿が若干かぶってて見分けが・・・。
    でも続きが気になります!

  • やっぱこの人の絵はカッコいいな。
    ストーリーはまだまだ始まったばかりなのでなんともいえませんが、王道でしっかりしているとことは、さすが原作がラノベ作家なだけありますね。なんとなく青エクを連想しながら読んでいたので、続きが楽しみです。

  • 作品全体の雰囲気は鏡先生の作品だなと思える。
    ファンとしては十分楽しめる世界観。
    ヤマトさんの生み出す登場人物たちが生き生きしていて、
    読み進めるごとにこちらのテンションも上がる。

    鏡先生の作品が好き、ヤマトさんの絵が好き、
    そこから購入した本でしたが一瞬で虜になりました。

    当時発売の小説版と片方だけでも良いらしいけれど、
    両方読まないと伏線などが繋がらないような気がした。

  • 伝勇伝色強いなー!でも設定はいつ天っぽい。セリフ回しからして鏡先生の世界。この雰囲気大好き…。
    作画に関してはもう、山本先生さすが!につきる。キャラの表情繊細。迫力しっかり出てて圧倒されます。
    偉そうな言い方になっちゃうけど、鏡先生は絵師さんや漫画家さんに恵まれてるなーって思いました。
    この二人の作品!?って最初はびっくりしたんですが、期待通りで嬉しいです。応援してます…!

  • まんだらけ 262円

    ヤマトさんの新シリーズ開始。
    何気に原作の方が伝勇伝の鏡さんだったのは
    単行本買ってから知ったよ。。。

    まぁ、よくあるジャンプ設定が満載だけど
    JSQでの連載を毎月楽しみにしてる作品なだけに
    終わりを見据えたうえでコンスタンとに続いて欲しい作品。

    さて、小説の方も見かけたら買って読もう。

  • 今後の展開は楽しみ、

  • なんというかありきたりな展開。
    親友キャラがでてきます
    →主人公のために死ぬ
    →この先は言いませんがだいたい予想はつくと思います。

    でも設定と絵がいいから
    そこまでつまらないとは思わず
    むしろおもしろく読ませていただきました。
    今後の展開に期待です

  • まだ序盤。
    鏡センセーの作品だから、先が長い気がするよ。

全64件中 51 - 60件を表示

終わりのセラフ 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

山本ヤマトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする