SKET DANCE 32 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.60
  • (62)
  • (21)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 295
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088707839

作品紹介・あらすじ

厳しい校則で生徒を縛ろうとする新理事長に抵抗するボッスン。自身の退学と学園の命運を懸け、学園祭の出し物を企画する事に。スケット団最後の仕事の結末とは…!? 新感覚学園コメディ、最終巻──!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スケットダンス、読み終わっちゃった。キャラ、ギャグの全ても世界観にしてしまった感動のラスト。泣けたわー。

    出てきた全てのキャラクターが愛おしい。素晴らしいラスト。スイッチが、、、うん、、、ドン底からがドラマなんだ。

  • ボッスンが、大人でもあり子供でもあるのが好き。
    高校生ってどっちでもあるよね。
    もっと言えば大学生だって、新社会人だって、三十路だって比率が変わるだけで大人でも子供でもあるんだよなと、彼らを見て思うアラフォーです。

    こんな魅力的な主人公なかなかいないよ。人見知りで自信がなくて、でも決めるときは決めることができる頼れるリーダー。

    青春文化系部活漫画とギャグマンガとの比率が天才的だと思う。
    キャラクターたちがそれぞれ大変魅力的なのに、子供向けギャグマンガの範疇にきちんと収まっているところが素敵。
    ワルモノいないし。

    少年マンガかくあるべしのお手本みたいな漫画。
    もっと彼らを見たかったけど、最高の終わり方をしたので満足。

  • スイッチが喋ることができないこと、ずっと気になっていたけど、「ここでかっ!!!」と涙がとまりませんでした。
    完結して寂しいけど、楽しかったなあ。
    部室でただ延々とトークしてるのに、毎回予想を裏切られて吹き出しちゃうし、ボッスンと椿の結局仲の良い兄弟話を見てるとキュンキュンしたし、自分も生徒のひとりになっている感覚でした。だからこそ、みんなが卒業しちゃって、寂しいけど楽しかったなあって思っちゃう、こんな素晴らしい漫画に出会えて幸せです。各ストーリーごとに、作者の篠原健太先生の熱い想いの詰まったコメントもあって、それでまた感動したり。次回作も、面白いので、今後も目が離せない!!

  • ボロボロ泣く。この漫画を大好きだ。

  • 卒業生代表の答辞を椿くんではなく、ボッスンでもなく、スイッチがやるのがよかったですね!

  • 号泣した…スケット団大好き…!(;_;)

  • 自分は涙もろいので、よく漫画読んで泣くことはありましたが、こんなに泣いた漫画は初めてです。過去に登場してたキャラもちゃんと生き生きしているのが見れたし、本当に綺麗にまとまって終わっていたのでよかったです。こんな学校に通えたらどれだけ楽しいだろう。ボッスンとヒメコの恋愛のほうは、予想通りというか…(笑)
    大学生になったヒメコが綺麗で眩しい。あんな人になりたいです。

  • 完結!!

    6年もやってたのか…。
    連載開始からずっと好きで読んでいたので読者としても感慨深いものがありました…。

    最終巻、ホロリとしました。

  • 最終回はちょっと納得いかないんだよなぁ。。

  • 無料キャンペーンにて

    いい話でした。
    スイッチには思わず泣きそうになりました。

全35件中 1 - 10件を表示

SKET DANCE 32 (ジャンプコミックス)のその他の作品

篠原健太の作品

SKET DANCE 32 (ジャンプコミックス)に関連するまとめ

SKET DANCE 32 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする