ハイキュー!! 7 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.52
  • (261)
  • (136)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 2217
レビュー : 96
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088707860

作品紹介・あらすじ

青葉城西との3回戦。苦戦する烏野は影山に代わり菅原を投入。誰よりもコートの外からチームを見続けた男の采配が、徐々に流れを引き寄せ始める! しかし、敵エース及川のサーブには攻略の糸口が見つからず!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スガさんの魅力がぎっしりの1冊。
    それを見習って少しずつ変化する影山。

    影山の笑顔はなんというか、驚きの怖さでした。

  • 「スガさん、すげー!」が第一声。
    外から冷静に分析して、コートに立って戦術を構築して、そしてそれらを惜しげもなくポジション上のライバルである筈の影山にも伝える。
    この7巻はスガさんが烏野を纏め上げてこれからの烏野のあるべき姿を皆に示していく1冊だと思います。

    敵も味方もちゃんとどうしてそうなったのか、と言う背景を丁寧に書いているからこの作品は好きです。
    及川のコンプレックス、手を出しつつも見守る岩泉と言った対戦相手の過去は試合の流れの深みが増して「早く次を読みたい!」と切望させられます。
    本誌で結果は知っているのにこうも続きが気になるとか…凄いわ。

    影山の笑顔とコミュニケーション力の無さは別の意味で凄かった…。山口もそのうち化けそうで楽しみです。
    あぁ、本当に続きが早く読みたい…。

  • ジャンプ誌上で今、王道少年漫画といえばトリコとONE PIECEを指すらしいが、これも入れて良いんではないだろうか。ここまで清々しくまっすぐで気持ちのいいスポーツ漫画、ジャンプではSLAM DUNK以来だと思う。

    何より青春してる感じがいいのよね。作内でメタ的に茶化してもいるけど、敵味方それぞれの思惑を描きながら試合を進めていく、しかもテンポを殺すことなく、というのが実に上手い。バレーボールってまさにシーソーゲームのように揺れ動く試合展開が多くて、最後までどちらが勝つかわからないものだが、そういうドキドキ感含めよく描いている。

    どうしてもメンバーが増えると陰が薄くなる人物が出て来てしまうものだが、ここにきてきちんと月島や金田一にもスポットを当ててくるのだな。アイシールドは試合ごとにテーマを打ち立てることでキャラの出番をローテさせていたが、ハイキュー!!はそれ以上に速いペースで広く全体を見渡している。

    極めて少ない女子要素を、及川目当ての観客使って補完したというのもアッパレw モブのくせにカバー袖にまで出てるしww

  • スガさんほんとにかっこいい。周りのこともよく見てすごくよく考えてるけど自分の意地も欲もちゃんとあって、まさに不屈の精神を持っている人。こんなに爽やかだけどみんなでバレーすることに貪欲なところがいい!こんな人が先輩なんてうらやましい!

  • 三年生表紙!!
    スガさんの活躍サイコー!
    凄い人です。1巻から一年生を指導というか、導いてる!何でですかね、スポ根の中の先輩ってこんなに大人なの。1、2歳しか違わないのに!!

    セッター中心に話が進みましたね!
    影山はすんごいんだなぁと思った。すんごいバレー馬鹿だけど、才能あって、集中力あって、努力家。でも、コミュニケーションとかすんごく下手で喧嘩腰…?先輩には敬意?体育会系しっかり入ってる…でも先輩から見たら、怖い、脅威の後輩。

    中学の時の先輩、及川さんと高校の先輩、菅原さんの影山への接し方は正反対ですね。どっちも分かる心理です。同じポジションを狙うライバル。だけど、チームメイト。仲間なんだけど敵。息を合わせて、信頼関係も必要なスポーツで厳しい!やっぱりわかんない心理!
    結果、影山は烏野に来て良かったね!いいチームメイトに恵まれたよね。

    試合はハラハラ!

    次巻は10月かぁー早くならないかな!

  • 読み終わった瞬間にはもう、続きが読みたくてウズウズ。
    読んでいると胸が熱くなるし、ハラハラドキドキワクワクする!
    メインのキャラ達だけではなく、スポットライトが当たらない、脇役のような登場人物達の心情も、丁寧に描いているのがすごくいいです。

  • スガさぁあぁあああん!!!!の一言に尽きる!!

  • 打ち震える

  • 丸々一冊青葉城西戦なことに感動
    観客気分とでも言えばいいのだろうか、試合から目が離せない感覚に近い興奮を覚えた
    個人的にはスガちゃんの活躍がたくさん見られて嬉しかった
    セッターはやっぱりすげえや

    月島と影山の距離も少しづつ縮まっていて、烏野が徐々にまとまりつつあるのがよくわかる
    しかしあの場での「飛雄じゃないんだから神業速攻はないよっ」とか「よくやった」「上司か」とか「今のトスはどうでしたかコラ」は笑い死にするからやめてくれないか

  • ジャンプ掲載時「敵にも味方にもドラマは等しく」というアオリがありました。60話ショック収録巻です。

全96件中 1 - 10件を表示

ハイキュー!! 7 (ジャンプコミックス)のその他の作品

古舘春一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイキュー!! 7 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする