ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.95
  • (105)
  • (124)
  • (86)
  • (11)
  • (4)
本棚登録 : 1275
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088708096

作品紹介・あらすじ

異次元からの侵略者「近界民」の脅威にさらされている三門市。そこに住む少し正義感の強い中学生・三雲修は、謎の転校生・空閑遊真と出会う。遊真の行動に振り回される修の運命は!? 最新型SFアクション始動!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (1巻~8巻の感想)
    緻密な構成と筋道だった展開はジャンプっぽくないです。わりと硬派なSFアクション作品。

    主要キャラ周りはキャラ立ちしてていいんですが、全体的に表情に乏しいのと、ツルンとした絵柄、とにかく人数が多いので「これどういう人だっけ?」となることがよくあります。読み手(私)の力不足にも関係する、かも。
    あと「緊急脱出」の設定は、作品の緊張感に直結する重要な要素だと思うので、連載長期化していくにつれさらに運用注意ですね!!
    敵の強さを表現したいがために、モブキャラがゴミのように蹴散らされるような雑な描写が無いのが好感が持てます。
    一つの出来事が長すぎるのは好きではないので、今やってる大規模侵攻、あまり長くならないうちに終わらせてほしいな~

    遊真の口癖「おまえ、つまんないウソつくね」がカッコいい。

  • "「みんなを助けたのは 空閑だ」
    「なんだそりゃ?学校のやつらを助けたのはオサムだろ?」
    「…………え?」
    「オサムが逃げ遅れたやつらを助けて
    そのあとやられそうになって それをおれが助けたんだろ?
    おれはオサムしか助けたおぼえないぞ?」
    「……!」"[p.168]

    連載再開の波に乗りアニメを一気見し原作も一気買いした。読むのは遅くなったけど。
    各話タイトルってずっと人名・隊名なんだろうか。
    誘導装置の仕組みどうなってるんだろうな……。
    アニメを見たときはどう話が動くのか、誤魔化し続けるのをずっとやるのかなと思ってた序盤も序盤。

    http://worldtrigger.info

  • 少しずつ少しずつおもしろさがわかってくるような感覚がすごい。リーグ戦が見応えがある!

  • 世界で一番有名な漫画にはならないけど世界で一番面白い漫画。

  • 前から気になってはいた、改めて読んでみる。サバイバルゲーム&VR何だろうね。時代を感じる。異世界人?との特集能力を駆使した戦い。テンポも良く、キャラも立っているので面白く読む。

  • 「SFファン必読」
    週刊少年ジャンプ発の良質のSFマンガ。「異世界からの侵略」「子どもの戦い」というジュブナイルSFの基本を押さえつつ、戦い方の仕組みや世界観の設定が秀逸。伏線も多くむしろ小難しい設定が好きな大人こそ楽しめる作品です。SF好きは必読でしょう。戦闘や復讐、侵略といった人間の行動の暗い側面についていろいろな思惑を持つ人物が登場し、それぞれの考えをぶつけ合うのも特徴。「自分なら」「なぜ戦うのか」を考えてみるのも一興です。(bookish)

  • 10巻まで一気に読んだ。
    世界観、設定、キャラクター、展開、構成、
    飽きないな~~~~面白い~~~
    キャラ一人一人の世界が見えてのめり込みそうになる。
    武器のトリガーの多彩さに戦略考えるのも楽しい。
    これ、どこまで見越して書き始めたお話なんだろう。
    サイドエフェクトの設定なんて、ゾクゾクする。

  • リリエンタールの人か!!!
    絵が似てるなぁと思ってたけどまさかそんな!すごいね!作者すごいね!
    話もおもしろかったしキャラも可愛い子多いなぁと思いました。キャラ増えすぎてちょっとチンプンカンプンになるときあったけど。少年漫画のバトルものって久しぶりに読んだ。やっぱおもしろいなぁ。

  • 「ワールドトリガー」
    テレビ朝日 日曜18:30~
    キャスト:村中知、梶裕貴、田中秀幸、田村奈央、中村悠一、岡本信彦
    http://www.toei-anim.co.jp/tv/wt/

  • ジャンプ本誌を忙しさで買わなくなってはや数年…
    賢い犬リリエンタールの作家(最近は作家名も紐付かない状態;)と知り,レンタルしてみることに。
    やっぱり読みやすい,世界観を把握しやすい。面白い!
    ジャンプ作品の精度の高さをあらためて感じました。

    ちょっと不思議でかっこいい。ぐいぐい引き込まれる感じはないけれどほどよく楽しめる別の世界…アニメはどう動くのか楽しみです。

全69件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

葦原大介(あしはら だいすけ)
1981年、東京都生まれの漫画家。岡山県育ち。高校卒業後はアルバイトをしていたが、第75回手塚賞で『ROOM303』が準入選し、2008年『週刊少年ジャンプ』掲載、漫画家デビュー。2009年『賢い犬リリエンタール』で初連載。
代表作に2013年から『週刊少年ジャンプ』で連載開始した『ワールドトリガー』。2014年、アニメ化された。度々の休載を挟んでいるが、2018年、『ジャンプSQ』での連載再開が告知された。

ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

葦原大介の作品

ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする