終わりのセラフ 3 (ジャンプコミックス)

制作 : 鏡 貴也 
  • 集英社
3.70
  • (26)
  • (43)
  • (50)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 637
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088708140

作品紹介・あらすじ

念願の吸血鬼殲滅部隊に配属された優一郎。自信過剰気味な三葉が部隊に加わり、渋谷より出撃! だが優一郎の勝手な行動で、初戦から仲間を危険にさらし…。また新宿攻略中の吸血鬼は圧倒的な強さを見せて…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦場へ。

  • 吸血鬼も人間も、キラキラした目のキャラばかり…

    世界観も土地勘もまだ入り込めていない。
    あと、力関係も武器も…

    物語に付いていくのが精一杯。

  • 優一郎のキャラに変化が、仲間が出来て変わってきたのか印象が幼くなりました。
    さて吸血鬼との戦いが本格的に。次の巻から本番って感じですが、もうちょい早めに見たかったw

  • まだまだ謎だらけ。

  • なんかいろいろ伏線はりに忙しい部分なので嫌い

  • 【ストーリー★☆/キャラ★★/心理★★/情景描写★☆/没入度★☆】

    <あらまし>
    鬼呪武器を手に入れた優一郎たちは、本格的にエリート集団の月鬼ノ組で活動を開始する。
    初の実戦を前にチームが組まれることになり、新しく三葉が加わることになるが、チームワークなど考えないメンバーばかり。そんな状態で実戦になるのだが…

    <感想>
    5人1チームということで新しく三葉が加わります。なんかシノアとは微妙な関係みたいですねぇ。
    優一郎はチート性能なのでしょうか。ハラハラしません。

  • 原宿&新宿での吸血鬼との戦闘。いよいよ前線に配属されることとなった優一朗たちの前に新たなチームメンバー、三葉が登場します。シノアと並んでちっちゃい女の子ですが彼女もまた暗い過去を抱えているようですね。
    そしてグレンはフェリド率いる吸血鬼部隊と新宿で戦闘を開始。ラノベ版のキャラも混じっているようで本格的に原作とリンクし始めた模様。ラノベ版の方も気になり始めました。今出てる漫画買い終えたら買ってみても良いかも。
    それにしてもこの漫画は小さい女の子がいっぱい出てきます(笑)
    次は優一朗とミカが対面してくれるかな?
    何やら情報を漁ってたら既にアニメ化が決定しているようなのでそちらも気になりますね。
    あとがきの終わりのセラフが出来るまでも必見。

  • 三葉のチーム誕生。
    仲間を守りあってる姿はカッコイイ。
    ミカと優一郎の再開が楽しみ。

  • ありゃ、登場人物また増えた(笑)
    これはどうも、連動してる小説の方も読まないといけなさそうだ。

    しかしメインの二人、会いそうで会わないなぁ。

  • めちゃおもろ!

全17件中 1 - 10件を表示

終わりのセラフ 3 (ジャンプコミックス)のその他の作品

山本ヤマトの作品

終わりのセラフ 3 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする