暗殺教室 6 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.08
  • (138)
  • (171)
  • (98)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 2062
レビュー : 99
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088708218

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 殺せんせー、水の吸収凄まじすぎる!
    そして、期末テスト。
    分野別に1位を取れるのか…

  • 片岡さんかっこよすぎか
    なんだかんだで世話焼きでいい人なんだな~と

  • 期末テスト。

  • 『水』が弱点の殺せんせーですが、その弱点がわかったところで、なかなかスキはありません。イトナが再登場しつつ、またあっさりと引っ込んでしまいましたが、彼の位置付けがちょっと微妙?

  • 夏は水泳。

  • 水に弱い殺せんせー。やはりそれは事実だった様子。その中で、めぐめぐ とか 寺坂君とかの問題も解決する。寺坂くんは、イトナの罠にかかって死にそうになった生徒たちを助ける。最終的には殺せんせーも無事でした。A組とE組の戦い。A組の五英傑。トップは学長の息子でした。しかし親子の仲はさほど良くない様子。

  • 夏、プール、期末テスト!

  • 水泳の時間、テスト対決!

  • 前に登場したイトナが再登場。まんまと利用された不良の寺坂がクラスの皆と巻き返しをはかる。ベタですがやっぱ面白いですね。
    しかしこの漫画E組以外の人間がクソすぎるなぁ…。

  • ほー、後半年ですか。
    いつまでもつのか…

全99件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

松井優征(まつい ゆうせい)
1979年生まれ、埼玉県出身の漫画家。2001年に「ラビングデッド」で第51回天下一漫画賞審査員特別賞受賞。
2004年に 「魔人探偵脳噛ネウロ」で第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞準入選。同時に漫画家デビューを果たす。テレビアニメ化もされた代表作の一つとなる。
2012年、『週刊少年ジャンプ』31号から『暗殺教室』を連載開始。恩師を殺すことが最終目的、という設定から極めて高い人気を誇り、アニメ化、実写映画化される大ヒット作・代表作になった。

暗殺教室 6 (ジャンプコミックス)のその他の作品

松井優征の作品

ツイートする