暗殺教室 6 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.08
  • (138)
  • (171)
  • (98)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 2075
レビュー : 100
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088708218

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 殺せんせーに勉強おしえてもらいたい(笑

  • 寺坂くんは頭良くないかもしれないけども、馬鹿ではないよなと思いました。
    カルマ君みたいなブレインがいなきゃどうしようもないかもしれないけど、ブレインの言うとおりちゃんと動けるのもすごいと思う。
    こうやって生徒を一人一人掘り下げていって貰えるとこの教室にもっと愛着が湧くと思う。

  • 殺せんせーの目的はなんなのか、謎のままで進んでる。それはラストまでとっておくのかしら。どんな結末になるのか、気になってきた。

  • 水が苦手な可能性があるので、生徒達は作戦を考える。その役割のメインになるイケメグこと片岡メグ。この子も色々ありそうだ。友達の心菜との問題をコロ先生が解決。問題児寺坂が今の教室の雰囲気が気に入らないため、問題を起こす。それから影で協力するものが現れ、寺坂に協力する。カルマにつっかかる寺坂は気持ちを切り替えたりする。色々変化がある展開。それから、期末テスト。これも頭のいい生徒たちが集まり、E組の立ちはだかる。それにしてもクセのある人物が出てくるなあ。

  • 今回もよろしいです。前半に張られた伏線がまだ登場してないんで、次巻以降も楽しみ。後半はラスボス理事長の息子登場。親子シーンが大変楽しく、小物が壊れてました。大丈夫だと思いたいけど、続きが気になります。

  • 理事長の教育方針って……。

  • 今巻も、みんなで仲良く暗殺暗殺☆
    まあ、できてないんだけどね。
    律のプロフィール画像のかわゆさにしばし茫然とした後、「画像表示ソフトウェアの優先テーマ」に思わずうなずいてしまった。
    あと浅野父子が素敵だった。そして渚くんがマーメイド。

  • 初版100万部突破・・・すごいなあ。無事特典ペーパーもゲットできました。竜馬くんのプロフィールに、これは…となった。浅野親子かわいい。

  • 段々と作者のメッセージがわかってきた気がする。

  • あれ?寺坂くんの目がきらきらしてる…

    殺せんせーの水殺がメインかと思いきや、学園の巨悪と戦うぜ!みたいな巻やったのー。

    渚くんの羞恥ぷれいがなかなかヨロシイ。将来有望なドSになりそうです。ね

全100件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

松井優征(まつい ゆうせい)
1979年生まれ、埼玉県出身の漫画家。2001年に「ラビングデッド」で第51回天下一漫画賞審査員特別賞受賞。
2004年に 「魔人探偵脳噛ネウロ」で第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞準入選。同時に漫画家デビューを果たす。テレビアニメ化もされた代表作の一つとなる。
2012年、『週刊少年ジャンプ』31号から『暗殺教室』を連載開始。恩師を殺すことが最終目的、という設定から極めて高い人気を誇り、アニメ化、実写映画化される大ヒット作・代表作になった。

暗殺教室 6 (ジャンプコミックス)のその他の作品

松井優征の作品

ツイートする