暗殺教室 7 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.12
  • (114)
  • (143)
  • (61)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 1704
レビュー : 79
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088708546

作品紹介・あらすじ

夏休みに入り、南の島へとやってきたE組。そこでかつてない規模の殺せんせー暗殺計画が遂行されようとしていた。秘密裏に準備を進める生徒達だが!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 成績が全ての椚ヶ丘中学校。落ちこぼれクラスと言われていた3年E組は「殺せんせー」の秘策と生徒の頑張りにより、特別夏期講習参加の権利を得る。画して沖縄離島リゾート2泊3日暗殺旅行が始まった。

  • かつて進学塾で教鞭をとったものとして(要するに塾講師のバイト)、
    テストのエピソードには最高に共感した。
    何故試験があるのかわからない、自分は頑張っているはずなのに成績が上がらない、ペーパーテストは詰め込み教育を助長して人間性を損なうので推薦入試をもっと増やすべきだ!と言う人はぜひ一読して自分を省みて欲しい。

    ただし、いるまんがについては二言言わせて欲しい。
    狭山市民は小学校の社会科で狭山茶の生産量を教わっているので、
    入間市民と狭山茶について争うことは無い。
    また、地元では狭山茶のペットボトルが販売されている(新宿区内でも確認)。
    斉木は150円とアポートするならお~い何とかだの綾何とかだのではなく、それらとするべきではないのか。

  • ●期末テストの結果と離島の暗殺編。

  • コミック

  • 【あらすじ】
    夏休みに入り、南の島へとやってきたE組。そこでかつてない規模の殺せんせー暗殺計画が遂行されようとしていた。秘密裏に準備を進める生徒達だが!?

    【感想】

  • カルマきゅん可愛い以外の感想が死んだ。

  • あと少しのところで殺れそうだった回

  • 夏休みに入り、南の島へとやってきたE組。
    そこでかつてない規模の殺せんせー暗殺計画が遂行されようとしていた。
    秘密裏に準備を進める生徒達だが!?

    期末テスト後編から、夏休み、南の島での大規模暗殺、ホテル潜入まで。
    期末テストの描写の仕方が実に個性的で面白い。イメージなのはいいんだけど会話はどうなっているんだこれ。
    皆の頑張りがすごく伝わる場面だし、一方でカルマ君に少しお灸を据えた感じでもある。
    そんでアニメでも実に盛り上がった南の島での大規模な暗殺計画。これは本当に手が込んでいて読んでてドキドキする。ただこの辺りはやっぱり映像の方が勢いもあって良かったかもな。
    殺せんせーの完全防御形態かわいいけど、これを後出しでやられるのはきっついなー。
    そしてこのタイミングでちょっかい出してくる第三勢力。平然と崖登りする生徒達が、順調に人間離れしていってて笑う。

  • みごとにA組に勝って、旅行を勝ち取ったE組さん。綿密に計画を立てて、協力しあっていい仲間じゃないか!!先生は追い詰められて新しいカタチに。。。しかし、怪しいずるい大人たちが乱入してきた。せんせーの力が頼りにならない今、生徒たちの力で、ウィルスに苦しむ仲間を助けられるのか?みんなの力を信じたい。

  • 千葉くんと速水さんの仕事人コンビいい!

全79件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

松井優征(まつい ゆうせい)
1979年生まれ、埼玉県出身の漫画家。2001年に「ラビングデッド」で第51回天下一漫画賞審査員特別賞受賞。
2004年に 「魔人探偵脳噛ネウロ」で第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞準入選。同時に漫画家デビューを果たす。テレビアニメ化もされた代表作の一つとなる。
2012年、『週刊少年ジャンプ』31号から『暗殺教室』を連載開始。恩師を殺すことが最終目的、という設定から極めて高い人気を誇り、アニメ化、実写映画化される大ヒット作・代表作になった。

暗殺教室 7 (ジャンプコミックス)のその他の作品

松井優征の作品

暗殺教室 7 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする