ワンパンマン 4 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : ONE 
  • 集英社
4.21
  • (111)
  • (120)
  • (50)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1395
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088708713

作品紹介・あらすじ

ヒーローランクも上がり、一安心のサイタマ。しかし、間髪容れず超巨大隕石が襲来! 隕石破壊の為に迎え撃つジェノスだが、エネルギーを使い切ってしまう。絶体絶命の中、サイタマは、拳一つで隕石に挑むが…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白い。シンプルイズベストですね。余計な絡みや心理戦、長い前置き、修行とかなくテンポが良い。バングやタンクトップタイガー、ぷりぷりプリズナーなど個性的なキャラも登場して広がりを感じる。
    サイタマだけ飛び抜けてるけど、今後どんな風に話が進むのかな。次巻も楽しみです。

  • じいさま、渋すぎる。

  • 新しいキャラが出てきたり、サイタマの強さが底知れなかったり、早く続きが読みたい。

  • 蛻大漁謇?縺ォ蜷幄?縺吶k縺キ繧翫?繧翫?繝ェ繧コ繝翫?縲√%繧後?縺?>繧ュ繝」繝ゥ縺?縲

  • サイタマ「B級か… じゃあ週一活動のノルマは無くなるんだな」(笑)

  • アニメで観たせいか、途中までの巻しか読んでなかったか

  • 隕石直撃の大惨事を防いだサイタマですが、完全に防ぐことはできず、アルマゲドンがディープ・インパクトになりました。死亡者は防ぐことができたけど、破壊は免れなかった。一番のヒーローであるサイタマにバッシングと、火事場泥棒の似非ヒーローが襲い掛かります。
    なんか、ヒーローって言葉が独り歩きしちゃって有象無象大量生産の社会なんだなぁ。本物よりも、それっぽいものがちやほやされるとは誰の言葉だったか。遺言使いの変態さんでしたか。一時期の「カリスマ」や最近の「神~」も似たようなもんだわ。使い勝手がいいからね。
    地位と名誉でちやほやされることが嫌いではないサイタマ。決して潔癖な性格ではないけれど、芯の部分では自己犠牲があるから、ヒーローなんだなと思います。

    他人の評価よりも、自分が何をしたのか。

  • 【次男蔵書】今日は一気に4冊読んでしまった。登場するヒーローが絞られてきてスッキリした。新キャラ・バングが登場したが、ますますドラゴンボールにインスパイアされたのではないかとの印象が強まった。と言ってもこの物語の面白さが減衰するものではない。皆に好かれるためにヒーローをやっているわけではないサイタマの姿が格好いいぞ! 番外編ぷりズンでソニックの活躍が見られて良かったよ。

  • ヒーローだろうが悪役だろうが、どの世界にも器のちっちゃいやつっているのよね〜。自分の地位にしがみついて新人イジメとか、しみったれた奴にヒーローなんて名乗って欲しくないぞ。サイタマやジェノス以外にもいっぱいヒーローが出てきてるんだけど、今回のバングさんカッコイイなぁ♡ 他はあまり覚えられないのだけどw 多分サイタマのインパクトの方が強いんだろうな… 見た目も印象も薄くて適度にズボラなヒーローなのにw 感謝、感謝のお借り本。

  • バングカッチョいいぜ。最強の爺さんキャラ好き

全58件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

村田 雄介(むらた ゆうすけ)
1978年、熊本県生まれ。転勤族の家庭だったため全国を転々としており、一番長く滞在したのは宮城県。
中学生時代、アクションゲーム『ロックマン4 新たなる野望!!』および『ロックマン5 ブルースの罠!?』の企画「ボスキャラ募集」に応募して、ダストマン、クリスタルマンが採用。1995年「パートナー」でホップ☆ステップ賞入選、1998年「さむいはなし」で第51回赤塚賞準入選。
代表作は『アイシールド21』(作画)、『ワンパンマン』(作画)。両者ともにテレビアニメ化されている。

ワンパンマン 4 (ジャンプコミックス)のその他の作品

村田雄介の作品

ワンパンマン 4 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする