青の祓魔師 12 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.02
  • (89)
  • (139)
  • (76)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 1577
レビュー : 85
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088708959

作品紹介・あらすじ

騎士團が捕えたスパイの情報で出雲がイルミナティの計画に必要だという事が判明する。彼女は宝に召喚した人形の事を問い詰めるが、彼の口からもイルミナティという言葉が!? 日本支部に潜むスパイの正体は…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 毒親

  • (あらすじ)宝はメフィストが送りこんだ候補生達の監督役で、志摩がイルミナティのスパイだった。イルミナティの指導者はサタンの長子ルシフェル。彼は物質界と虚無界の融合を目論んでいる。出雲は志摩に拉致され、出雲にあるイルミナティの研究所に送られる。候補生達と雪男も出雲へ。出雲はうさんくさい観光地&保養地化しており、その背後にはイルミナティがいる模様。宝が土地神を人形に降ろして、過去話へ。出雲の母の玉雲は殺生石を鎮める宮司だったが、恋人とうまくいかないストレスで九尾の狐に憑依される。イルミナティは九尾の狐を狙って出雲に接触しており、出雲は玉雲の暴走でイルミナティに助けを求めてしまう。
    (感想)玉雲の恋人のクズなキャラがなんかリアルできつい。

  • 新章始まり〜
    まじか、、、っていう。

  • しまあああああああああああああ!!!表紙開けると泣いてるの辛い。

  • 12巻までまとめ読み。

    雪ちゃん、なんかいつまでもすっきりしないぜ・・・。
    大丈夫?

  • 【レンタル】出雲ちゃんの過去よりも、志摩くんのが心配だ。好きキャラだっただけになおさら。……ダブルスパイだよね? 戻ってくるよね?

  • 出雲を巡る戦いで敵と味方がまさかの入れ替わりとは?! そして新たな敵=イルミナティの今は底知れない恐ろしさが、出雲の過去とリンクして伝わってくる。

  • ちょっとどきどきした

  • とにかく絵がきれい。と同時にイルミナティ辺りから把握できず混乱している自分がいる。

  • 学園祭当日、浮かれる燐たちの一方で、出雲はイルミナティと思しき宝ねむの攻撃を受ける。
    危ういところを志摩に救われ、安堵した出雲だったが…。

    出雲ちゃんメインで、志摩くんと何か進展でもあるのかと期待してたら、予想外の方向に展開が転がって衝撃を覚えた。
    えええー!? 志摩君まさかそんなー!って感じ。
    宝ねむが怪しすぎてまったくノーマークだったんですけど…。
    おまけに出雲ちゃんの実家の事情が思ってた以上に重そうで今後が怖い。

全85件中 1 - 10件を表示

青の祓魔師 12 (ジャンプコミックス)のその他の作品

加藤和恵の作品

青の祓魔師 12 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする