るろうに剣心 7 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.52
  • (73)
  • (47)
  • (246)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 923
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088715070

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大切な事は、剣心がみんな教えてくれた…

    ってのはちと言い過ぎかと思いますが(笑)それ位に思い入れの深い作品であります。

    少年漫画の主人公だけど、敵を(惡を)なんのためらいも無くひたすら倒し、強さを求めていくんじゃなくて、自身の贖罪のために剣を振るい、なおかつ“不殺”。
    何が善で何が悪なのか、強さって何なのか、結構、語られているのは難しいテーマだと思います。
    また、史実とフィクションの絡ませ方が秀逸です。
    全体を通してのお話も、一本、ちゃんと筋が通っていて、あまりぶれていないのがまた良いですね。全28巻で、うまくまとまっています。印象的なセリフも多数。
    ただ残念なのは、絵柄が後半変わってしまった事。丸くなりすぎだよ…(涙)

    剣の技は、これは無理だろ!!というのも多々ありますが、そこは少年漫画のお約束です。
    斎藤さんが表紙にいるので、この巻を登録しておきます。

  • 斎藤登場。はじめ見たらなんか…恐いっすね…。
    剣心がこの巻で「人斬り」に戻ってしまいます。薫辛そうでしたね…。
    「人斬り」に戻るとなんか目つきも顔つきも違う感じがします。
    ラストの剣心が薫に別れを告げるシーンは切なかった。このシーンはすごく印象に残ってます。

  • 48-57

  • 赤末とかいう名実ともに十二分な噛ませ犬

  • ついに出てきました新撰組。作者も新撰組ファンのようなので、どんなはうな描かれていくか楽しみです。
    人気の高い斎藤一はダーティーヒーロー(って作者がゆってる)な役どころ。沖田っぽい人も出てきていてドキドキワクワク。
    そして作者が「一番の土方歳三の次に好き」という大久保利通も登場。彼についてはまた別途本でも読んで勉強したいなーと思いました。

    ■斎藤一編
    ・新撰組と人斬り抜刀斎、幕末動乱期には幾度となく剣を交えた宿敵同士。だが立場は違えど互いに己の剣に信念と命を懸けて戦った彼らに、剣心は、デカい顔してうまい汁を吸っている維新志士たちに対してよりも親しみを感じているとか。
    ・さて斎藤一、藤田五郎と名を変えて警察官をしていますが、薫の道場に来て左之助をぶったおす。
    ・いろいろ雑魚キャラが絡んだりしつつも、剣心vs斎藤の戦い開始。不殺とかぬるいこと言ってんなよ決着つけようぜと挑発され、剣心も自分の中の人斬りが目覚め、やるかやられるかのところまでいったところで、大久保利通登場。
    ・大久保利通から、京都で暗躍するの志々雄を殺せという依頼。大久保さんは私利私欲でなく本気で日本国民のためを思っている善い人。志々雄はかつての剣心と同じ、維新の際に影で働いた人斬り。
    ・斎藤は大久保から、剣心の力量を調べろという役目を負わされて来ていた(のにヒートアップしちゃった)。斎藤も悪役面だが、実は「明治を食い物にするやつは許さん」という精神で動いている。
    ・剣心が大久保にこの件の返事をすることになっていた五月十四日に紀尾井坂の変で大久保利通殺される。表にはでないが真犯人は志々雄一派のもの(下手人は沖田っぽい顔)。
    ・剣心、みんなに反対されながらも、京都行きを決意。薫だけにはお礼とさよなら。

  • 斎藤一……
    大久保利通……

    また、流れるでござる

  • そういえば斎藤って最初はこんな笑顔見せてたんだっけ!すっかり忘れてたw
    前から斎藤はいつの間にベルト外したんだ!とは思っていたが、改めて読んだらいつの間にかベルトし直してることに気づいて笑ったw

  • けんしいいいいいいいいいいいいんんんんn

  • 何を思ったか、試しに買ってみた。ブックオフで安かったし。

    さっぱり面白くない。

    ヤバいくらいにおもしろさが見つけられない。

    自分の感性が劣っているということにしておく。

    ここっちゅう見所を教えて欲しい。

  • 斎藤一登場。
    「悪・即・斬」
    かっこいい。
    時代は再び流れ始めた。

  • 和月伸宏

  • ラストで泣きました・・・!

    日本史とかあんまり興味なかったのですが…自分の中で大久保さんの株がちょっと上がった気がします(笑)

  • 斎藤カッコヨス

  • 幕末といえば新撰組、その強さはともかく、この人物はこの漫画で一気に有名になったなぁ

  • 私が史実の斎藤さんに興味を持つきっかけになった作品です。
    鈴置さんの「悪即斬」という声が今も忘れられません。

  • この漫画で一番好きな巻。この巻だけでも(頑張れば)楽しめます。
    歴史的要素が追憶編に次いで一番強いという点も、この作品の良いところを二巻に次いであらわしている、と思いました。

  • ここらへんの作画が好みです。
    全巻すきですけど!

  • 斉藤さん初登場の巻!

  • きゃああ!!総司が載ってる巻なんですよ!!新撰組載ってますよ!!

  • 言わずと知れた人気作「るろ剣」。連載前の読み切りの時から気に入ってたが、最終巻までや他の資料本にまで手を出すほどハマるとは自分でも思ってませんでした(^^;

全29件中 1 - 20件を表示

るろうに剣心 7 (ジャンプコミックス)のその他の作品

和月伸宏の作品

るろうに剣心 7 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする