るろうに剣心 9 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.45
  • (58)
  • (43)
  • (241)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 887
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088715094

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 67-75

  • 剣心が栄次を慰め、励ますシーンは涙なしには頁捲れぬでござるよ

  • はじめ敵として現れた斎藤は好きになれなかったけど、ここへ来て少しずつ魅力がわかるようになってきました。
    しかも妻がいたんですね。

    ■京都へ向かう面々
    ・左之助。お前は弱いということを、斎藤、そして剣心によって思い知らされた左之助。修行しながら京都へ向かう。道中、破戒僧安慈と出会ってなんとかいう技を伝授してもらってパワーアップ。でもその安慈は実は志々雄派みたいで、いずれふたりの対決がありそうな伏線。
    ・薫と弥彦。剣心にさよなら言われていじけてた薫だが、さよならも言われなかった恵に一喝されて旅立ちを決意。ここのやりとり良かったなあ。弥彦も若いのにぶれなくて素敵です。これから京都で超人たちが繰り広げるであろう戦いのなかで、この一般人コンビ、どう立ち振る舞うのか?
    ・蒼紫。剣心の京都行きを聞いてこの人も京都へ。斎藤とも絡み、志々雄からもスカウトされ断るが、今後どう出るか。
    ・山のなかで出会ったくノ一の操。元御庭番衆で、蒼紫に恋慕。京都の家に帰るということで、旅は道連れ。

    ■新月村編
    ・沼津の辺りの村。政府に見捨てられ人知れず志々雄派に統治されている。そういう村が既にいくつかある。「東京で売られている新しい地図では、この村の名前が消えている」というの、ぞっとした。
    ・湯治に来ていた志々雄と早くも対面。京都で待ってるのかと思ったら以外とフットワーク軽い…。しかも最後、秘密の地下通路みたいなので京都へ帰ったっぽい。
    ・沖田モチーフな新キャラ、瀬田宗次郎。志々雄の側近、喜怒哀楽のうち楽以外の感情が欠落している。司馬遼太郎『新撰組血風録』の沖田のイメージらしい。この人と剣心、戦うが、決着はお預け。様子を見に来た(?)斎藤に、人斬りに戻らないと志々雄の手下すら倒せないよと釘を刺される。
    ・この村の少年栄次の復讐というテーマも。捨て身で仇討ちをしようとする栄次に、そんなことより立派な大人になって幸せになれと諭す剣心。

  • これが噂の「二重の極み」か…宗次郎との勝負で逆刃刀が折れる

  • 折れた

  • 斎藤と剣心が並んで志々雄の館に向かうシーンが印象的。
    抜刀斎に睨まれた尖角のザコっぷりには笑った。佐之助と安慈の出会い。修行の件もよかった。

  • 斎藤さんがいいキャラしてます(笑)
    左之助の修業シーンすごく好き><!

    …伊織くん可愛い(´`*)笑

  • とんがりハゲの筋肉大男、これほど出た時点で雑魚キャラとわかりやすくやられていったキャラも珍しい。こともないか。

  • アニメの第1話をみて、衝撃を受けました。
    当時の最新刊がこの巻。
    迷わず買いました。
    以来、人生でいちばんあいしてます。

  • 途中で挫折した^p^

全18件中 1 - 10件を表示

るろうに剣心 9 (ジャンプコミックス)のその他の作品

和月伸宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

るろうに剣心 9 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする