SLAM DUNK 8 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.87
  • (185)
  • (54)
  • (245)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1423
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088716183

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ラストにしびれるよね

  • あきらめたらそこで試合終了だよ

    安西先生、バスケがしたいです

  • 宮城リョータへの仕返しのため、三井寿が不良仲間と共にバスケ部へ殴り込んできた。無抵抗な部員への暴力に、桜木花道の怒りが爆発!
    そんな大騒動のなか発覚した、三井の隠された 真実とは…?

  • 安斉先生…バスケがしたいです。

  • 自分でも知ってる名言の「あきらめたらそこで試合終了だよ」と「安西先生 バスケがしたいです」のセリフがここに来て登場。ただ、この発言の経緯が衝突すぎるきも・・・。どんだけすごい人なんだ安西先生は。
    後、自分の記憶ではバスケがしたいですというセリフの後に、あきらめたら~だったような気がしたんだけれども、次巻でそうなるのか、自分の勘違いだったのか。
    それにしても、小学生からバスケやってるのに、高校入学時点でドリブルとフリースローが苦手だったゴリに結構おどろき・・・。

  • 個人的には、『あきらめたらそこで試合終了ですよ』よりも、木暮の『夢見させるような事を言うな!』のほうが名言だと思う。

    これは折られたモップのぶん!

  • あきらめたらそこで試合終了ですよ、がどれだけみっちゃんの心に響いたのか。バスケがしたいですの場面の泣き崩れ方が尋常ではない。

  • 三井君達の襲来により大ピンチのバスケ部。部員達が次々と襲われてしまいました。そんな大騒動の中、副キャプテンの木暮君の口から三井君の過去が語られる…。
    バスケ部の運命がどうなるのかすごく気になりましたが、大騒動がなんとかおさまってよかったです。安西先生の出現がなかったら、この大騒動はおさまらなかったかもしれません。安西先生の希望の一言と、三井君の涙の一言がすごく心に残りました。

  • 三井の過去の巻。
    赤木・安西先生と役者が揃い、かの有名な「バスケがしたいです…」まで、ですね。

    花道が鉄男に1発ずつ仕返ししていくところがかっこいい。
    暴力だからあんまり「かっこいい」とか言っちゃいけないのかもしれないけど…。

    シリアスな雰囲気の中で、
    これはルカワの分。ペチン♪
    が最高に面白い(笑)

    ゴリの過去も何気に曝されて面白い(笑)

  • 湘北は、メガネ君ありきだと思う

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ、鹿児島県出身。北条司氏のアシスタントを経て、1988年『楓パープル』でデビュー。 90年から連載を開始した『SLAM DUNK』は累計1億部を超える大ヒットとなった。98年より「モーニング」にて宮本武蔵を描いた『バガボンド』を大人気連載中!! 車椅子バスケを描いた『リアル』は「ヤングジャンプ」にて不定期連載中。

「2014年 『バガボンド(37)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上雄彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×