PSYCHO+ 1 DRIVE A GAME START ジャンプコミックス

著者 :
  • 集英社
3.45
  • (74)
  • (56)
  • (260)
  • (11)
  • (5)
本棚登録 : 715
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088716862

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この頃の世界もとってもすき。ワールズ感あるけどワールズよりとっつきやすいというか
    小学校の頃から今でも世界を救ったのは緑丸だと信じているよ。やさしい気持ちになれる!

  • 藤崎竜の記念すべきWJ初連載作品。全2巻で打ち切り!だけど、この頃の藤崎竜はまだ「鬼才」の範疇なので、WJ本誌の連載を勝ち取ったこと自体が驚きである。

  • 読み切り2本を含めてアイディアは良いが、演出が追い付いていない。
    本編は打ち切りが決まったのか、いきなり能力者が12人に増えて地球を動かして終了してしまった。
    もっと少しずつ世界観を広げていくか、オムニバス形式で様々な能力者を主人公にする、という方が良かったのでは。
    能力者の髪と目がなぜ緑色なのか、そのあたりも説明不足。

  • 隠れた名作だと思います

  • PSYCHO+ 1 DRIVE A GAME START
    PSYCHO+ 2 DRIVE B GAME OVER
     ─同時収録短篇
     ・伝染源
     ・デジタリアン

    フジリューの短篇とか、サイコの時期が好きな人って結構いるみたいだけど、封神から入った自分としては、世界観にイマイチ入り込めず。
    絵柄も、扉は綺麗で好きなんだけど、中の絵はちょっととっつきづらい。

    ただ、サイコプラスは、ドラマティックアイロニーなどと比べると、最初の設定はすごく引き込まれて、ドキドキした。

    もっと読み込めば、短篇2つも含め、自分の中で消化できるかもしれない。
     

  • 全2巻。

  • コミックスのデザインがかっこええ!!
    このフジリューの絵柄に憧れて真似した時期がありました^^
    2巻に収録されてる読み切りも雰囲気があって好きです

  •  短期打ち切りの小品ではあるが、ゲームと超能力を軸に作者お得意の不思議なギミックを作中に散りばめ、主人公の設定も「緑髪」という漫画的表現を逆手にとって、青年期の自意識の葛藤へうまく結びつけている。こうした「藤竜節」としかいいようがない世界観とテンポが既に確立しつつある本作は、現在から振り帰って見てもなかなかあなどれないポテンシャルを秘めている作品ではないだろうか。基本的にはきちんと少年漫画の筋をなぞり、大きな脱線はせず読みやすい構成だし。

     また本作単行本2巻に収録されている読み切り『伝染源』は非常に秀逸。おすすめしたい。
     

  • ここから本格的にフジリューにはまる。

    2巻に入ってる読みきりの
    伝染源・DIGITALIANがとても好き(゚ω゚)

  • イラストが綺麗だし、話も大好きでした。

全42件中 1 - 10件を表示

PSYCHO+ 1 DRIVE A GAME START ジャンプコミックスのその他の作品

藤崎竜の作品

ツイートする