封神演義 2 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.54
  • (100)
  • (44)
  • (301)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1142
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088721422

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 妲己の敵としての強大さを改めて自覚し、仲間集めを始める第2巻。常に戦いを大きくしないように立ち回りながら、太公望の人柄でもって仲間を手に入れていくのだが、一人目がいきなり宝貝人間などと特殊性抜群の相手なのが面白い所。そして道士としては天才と呼ばれる存在を相手にしてみたりと一気にキャラの幅が広がって魅力が増す。
    仙人界での修行、という構造によってそのままパーティに加わるRPG的な仲間集めにならないのも魅力の一つ。再登場が待ち遠しくさせられますね。

  • 封神計画はひとまず味方探しから
    ナタク、ヨウゼンが仲間に
    また太乙真人(たいいつしんじん) 登場

    臓器がモロ・・・
    意外にぐろいじゃありませんか・・・

    楊ぜんがノリノリで妲己演じてる 楽しかった^^

  • フジリュー版封神演義2巻

  • ウィキペディアを閲覧していたら、封神演義の話題にたどり着きましてね。
    懐かしいので読み返しています。

封神演義 2 (ジャンプコミックス)のその他の作品

藤崎竜の作品

ツイートする