仏ゾーン (1) (ジャンプ・コミックス)

著者 :
  • 集英社
3.60
  • (91)
  • (59)
  • (232)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 702
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088723068

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 千手観音と弥勒菩薩が世界を救うようになるまでの話
    なんで連載打ち切られたし・・・
    続編を書いて欲しい漫画です

  • takeiの初連載にして最高傑作だと勝手に思ってる。

  • 仏像が好きになった。

  • 星5つじゃ足りないくらい大好きな作品です。
    この漫画をきっかけに仏像好きになりました!

  • 仏教に詳しかったらもっと面白いのかもしれない。このころから絵が上手い。

  • 仏像漫画といわれると手を出しづらいかもしれないが、ストーリーもキャラ造形も世界観も15年以上も前のものとは思えないハイセンスな作品。
    シャーマンキングともリンクしているので、未読の方は是非!

  • 千手くん愛しい!もれなく救われる。

  • 時代を先取りしすぎて打ち切られた不遇な作品。
    仏像フィギュアが発売されたり聖☆おにいさんとか鬼灯の冷徹とかが流行ってる今(2012年)だったらもっと受け入れられたのに!
    作者のその後の代表シャーマンキングの原点でもあり、キャラが共有されてるのが好きです。
    主義主張が違う相手をやっつけろ!的少年漫画論とは違う、相手を慈しむ心、許す心、それが結局自分が救われる一番の近道になるんですよっていうのをあのジャンプでやろうとしたそのガッツが凄い。
    あと週刊で千手観音を主人公にした漫画描いたガッツも凄い。

    フラワーズの三代目、マンキンの二代目、仏ゾーンの初代、どのアンナさんも素敵でかっこよくて好きです。

  • 一話から世界観の虜になった漫画。
    漫画の素材は仏像や仏教なのに、内容はメカだったり必殺技だったりと少年漫画で、キャラクターも魅力的で武井先生のセンスに惹かれました。
    シャーマンキングとの繋がりがわかった時は、センジュ君たちの旅の結果を見た気持ちになって嬉しかったです。
    10年以上経ってもずっと好き。

  • 全3巻。

全84件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1972年生まれ。漫画家、イラストレーター。代表作は『仏ゾーン』、『シャーマンキング』、『重機人間ユンボル』など。2019年現在、マガジンエッジで『SHAMAN KING THE SUPER STAR』、『SHAMAN KING レッドクリムゾン』(原作)を連載中。

「2019年 『SDガンダムスペシャルアンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武井宏之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

仏ゾーン (1) (ジャンプ・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×