ONE PIECE 2 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社 (1998年4月3日発売)
3.75
  • (325)
  • (177)
  • (573)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 3806
レビュー : 97
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088725444

作品紹介・あらすじ

海賊王を目指すルフィは、“海賊狩りのゾロ"を仲間にし、偉大なる航路へ向かう。その途中、バギー海賊団と海賊専門の泥棒ナミとの争いに巻き込まれるが、ナミが優れた航海術を持つと知り…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 好きなものはお金とみかん、世界で一番嫌いなものは海賊!
    ナミの物語の序章が開始。

    道化のバギー、猛獣使いのモージ、港町の町長ブードル、
    番犬シュシュ、ライオンのリッチー、曲芸のカバジ。

    町長や村のみんなの想いとシュシュの想いが
    切ないけど、すごくすごくあったかい。

    そして、ゾロの男っぷりにもほどがある。
    傷口を自分でばっさり広げたり、腹わたが
    飛び出したらしまえばいいとかっ!
    ゾロのピンチに陥った時の解決方法は
    いつも男すぎて読んでる読者のほうが
    痛さを想像して悲鳴をあげてしまいそうっ[´ロ`]屮
    でも、そこも含めてゾロはかっこよくて魅力的。
    あぁぁぁ、でも、もう少し穏便に…[笑]

    バギーはここからもいろんなところで出てくるけど
    ハッタリだけであんなすごい地位の人物になっていくなんて
    この連載当時は想像もしなかった!
    相変わらずずる賢いけど、憎めないバギー♡

    ルフィvsバギー戦、開始!

  • バギーってこんな感じの登場だったんだ…

  • ゾロはいい。素敵なキャラだ。

  • ナミが仲間になった!

  • シュシュが健気。ゾロがかっこいい。ルフィもひとのために(犬も)そして野望のために戦うところがかっこいい。

  • 何てったってシュシュが可愛そうだった。仲間に連れていってあげて欲しかった。

    まだ2巻にしてもうゾロ、ボロボロになって可愛そう。町長も町を作った40年がめちゃくちゃにされて可愛そう。モージの飼いライオンのリッチーもカバジの盾にされて可愛そう。色々可愛そうな2巻でした。そんでラストバギーが赤髪のシャンクスらしき人の話をして終わる。次が気にならすのうまいなぁ。

  • かっこいい

  • バギーとの戦い

  • シュシュが可愛いです!!

  • 無料アプリ。再読。
    バギー登場。シュシュのところ切なかったー。ゾロかっこ良すぎるんだけど、かっこいいのすごく分かってるんだけど、なぜか私はルフィぶれないんだよね。シュシュに1つだけ商品取り返してくるとことか結構小さいところが印象に残ってる。ところでこの頃はまだ数撃で相手を倒してたんだね。無敵かと思っちゃうよルフィ。

全97件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

尾田 栄一郎(おだ えいいちろう)
1975年1月1日生まれ。熊本県熊本市出身、九州東海大学中退。A型。絵を趣味としていた父親の影響から、幼少期より絵に親しんでいた。4歳の時から漫画家になることを夢見ていたという。中学時代から本格的に漫画に取り組んできた。
1997年より『週刊少年ジャンプ』で連載が開始された『ONE PIECE』の累計発行部数は国内最高の3億5000万部を突破。「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。
1992年下期「WANTED!」で第44回手塚賞準入選(「月火水木金土」名義)。1993年「一鬼夜行」で第104回ホップ☆ステップ賞入選。2006年『ONE PIECE』で日本のメディア芸術100選マンガ部門選出、2012年には第41回日本漫画家協会賞大賞受賞。

尾田栄一郎の作品

ONE PIECE 2 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする