ホイッスル! 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.80
  • (284)
  • (143)
  • (432)
  • (11)
  • (0)
本棚登録 : 1329
レビュー : 191
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088725802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 青春そのもの。
    サッカー女子の原点な気がします。(私たちの周りがサッカー始めてた思い出があります。)
    諦めない大切さを教えてくれる名作だと思います。
    絵も丁寧で綺麗です。キャラクターもかっこいい!四コマが面白いので文庫より単行本がオススメです。

  • 藤代君に恋してた(というかしてる)

  • ワールドカップなので読み返した
    小学生の頃に出会い、愛読してました
    サッカー好きに拍車をかけてくれた感じ笑

    改めて読んでみると、やっぱり良いサッカー漫画!自分も背が低いので風祭にはとても親近感が湧くし、プレイシーンは丁寧で動きも伝わる。樋口先生は絵が上手いです!

    でも終盤につれキャラクターファン向けみたいでなんかなぁ…という感じ…。(シゲと水野とか好きなんだろうな…)
    中学からオタクになり、気づかなければよかったところにも気づいてしまい、引いてしまったのもあります…。

  • 100エントリごとに、私が10代~20代の頃に影響を受けた作品を紹介するシリーズの第18回。1800エントリ目は2000年前後の週刊少年ジャンプに連載された地味なサッカー漫画「ホイッスル!」を扱うことにした。通称は「笛!」。昨年(2016年)に開催された原画展は、入場待ちが2時間以上という大盛況ぶりで、来場者の98%が女子だったという…。歴史的にみると、本作品はまさにジャンプが腐女子を露骨にターゲットにし始めたころの作品として位置づけることができる。ちなみに私の推しは、素直で真っすぐな主人公の風祭将くん。ショタとしては押さえておきたい美味しいキャラクターであった。一方、女子的な人気は結構バラけているが、GKの不破大地(桜上水)と渋沢克朗(武蔵森)、DFの椎名翼(飛葉中)あたりが頭1つ抜け出している印象。
    この作品は、地区代表の合同合宿の練習試合で完結するという地味な終わり方をしたのだが、これは作者の意に反した「打ち切り」であったことが昨年の原画展にて明らかにされた。なお、ジャンプ本誌やジャンプコミックスには掲載されていない話が文庫版に掲載されており、新世代編である「ホイッスル!W」を繋ぐ役割を果たしていることはあまり知られていない(私も読み直して初めて気づいた)。

  • 全24巻、購入読破。中学時代にハマり、一気に買い集めました。たしか、ちょうどアニメ放送が終わった頃。風祭くんがどんどん成長していく姿に惹かれました。サッカーより野球派だった私には大きく影響を残してくれた作品だと思います。

  • 渋沢キャプテンと、黒川くんが好きすぎた。

  • 全24巻読了。日韓W杯開催の時期に読んだので楽しめた。

  • 私の高校時、ハマっていた(当時1番熱狂的にハマった漫画と言っても過言ではない)
    ホイッスル!を03年ぶりに再読。

    …久しぶりに絵を描くため、通しで読む予定です。
    懐かしい…音読まで読んでいた
    あの頃。
    一応、連載一回目から、ジャンプで読んでいた
    が…ハマったのは2巻出たあたりから。
    当時の友達が、水野くんが、格好良いと
    言うもんで^^
    コミックス買って通しで読んでみたら
    ハマったという。
    この1,2巻の表紙を本屋で見た時点で
    …これはハマる(私好みの絵柄)と
    予感がし分かってしまったという。。←本当か

    懐かしいな…
    久しぶりにいろいろ思い出しました。

  • 野球よりサッカー派になったマンガ。椎名翼が一番好きです。

  • 全巻読了済/友人から借入

全191件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京情報大学 総合情報学部 准教授

「2017年 『はじめてのWebページ作成 HTML・CSS・JavaScriptの基本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

樋口大輔の作品

ホイッスル! 1 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする