ONE PIECE 5 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社 (1998年10月2日発売)
3.76
  • (303)
  • (162)
  • (524)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 3492
レビュー : 77
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088726199

作品紹介・あらすじ

ついに向き合ったルフィと非道の海賊クラハドール!!村へ通じる一本坂道での熾烈極まる戦いも、ついに決着の時が!? そして、森へ追い込まれたカヤと子供たちを救うため、あとを追ったウソップとゾロは…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「死なせたくない男がこの村にいるからだ!!!」

    仲間だっと思ったら、どこまでもとことん信じて
    とことん守り抜くルフィは何度見ても
    どのシーンもほんとかっこい。

    ゴーイング・メリー号との初めての出逢い。
    今となると余計に感慨深い[´iωi`]
    サウザンドサニー号も好きだけど、やっぱりメリーは
    理屈じゃなく愛おしい。

    鉄拳のフルボディ、なんだか懐かしすぎるっ。
    そして、ヨサクとジョニーに、海上レストラン「バラティエ」!!!
    ゼフ、サンジ。白ヒゲとエースといい、ワンピースの
    血を超えた、人と人の繋がりが大好き。

    パティの「ヘボイモおそれ入ります」も大好きっ♡

  • ウソップがついに仲間に加わった、カヤお嬢様から船をもらっていっぱしの海賊船になった。そして次はいよいよサンジ登場。だんだんとオレもワンピースの事が分かってきたぞ。これからも楽しみ。

  • ウソップ海賊団の解散に涙。ウソップがウソをつき始めた動機が母と父にあったとは。

    サンジ登場。

  • ウソップ合流の時の、「己の道を突き進むことをここに誓え‼︎」で泣ける。。

    サンジくん登場で、金の無い男にも食事をさせるサンジくんがかっこよすぎる!

  • サンジすごい優しいなあ!!好きだなあww

  • 無料アプリ。再読。
    キャプテンクロとの戦い終了。ウソップ海賊団の解散のところ涙流さずには読めなかった〜結構ボロボロ泣けた。ウソップを仲間だろって当たり前に誘うところいいよね。お母さんのために海賊がきたぞ〜って言ってたんだった。あー泣ける。そしてついにサンジ登場。きたきた泣くとこ。

  • よっしゃウソップが加入。海のレストランすげー。

  • 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 本当に、
    なんでクロって海賊になったのでしょうね?
    普通に、
    商人とか闇商人にでもなったほうがよかったんじゃないのか?
    まぁ、
    ゴムゴムの鐘で粉砕!

    カヤからゴーイング・メリー号をGET!
    海賊になろうとしたウソップを勧誘してめでたしめでたし!
    つか、
    ウソップ海賊団のみなさん若いのにちゃんと夢を持ってていいですなぁー。

    ヨサクとジョニーにであって海上レストレンへ!
    フルボディ、
    ギン、
    サンジ、
    ゼフの登場だよん!

    意外にゼフのファンです!

  • もし、ONE PIECEの登場人物が会社勤めや飲食店勤務だったら、開始一時間でクビっしょ。

全77件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

尾田 栄一郎(おだ えいいちろう)
1975年1月1日生まれ。熊本県熊本市出身、九州東海大学中退。A型。絵を趣味としていた父親の影響から、幼少期より絵に親しんでいた。4歳の時から漫画家になることを夢見ていたという。中学時代から本格的に漫画に取り組んできた。
1997年より『週刊少年ジャンプ』で連載が開始された『ONE PIECE』の累計発行部数は国内最高の3億5000万部を突破。「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。
1992年下期「WANTED!」で第44回手塚賞準入選(「月火水木金土」名義)。1993年「一鬼夜行」で第104回ホップ☆ステップ賞入選。2006年『ONE PIECE』で日本のメディア芸術100選マンガ部門選出、2012年には第41回日本漫画家協会賞大賞受賞。

尾田栄一郎の作品

ONE PIECE 5 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする