封神演義 14 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.58
  • (100)
  • (41)
  • (273)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1044
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088726984

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 王天君、萌えたな。ほんと萌えた。

  • バリアを解除した楊戩を救出し、十天君に対抗するための複数チームでの侵攻を図る第14巻。
    太公望・蝉玉・玉鼎の三人+四不象のバランスがとても面白く、コメディ的な部分満載で繰り広げられる孫天君戦と、一変してシリアスな空気になる王天君戦のどちらでも各キャラの反応がいちいち印象に残るのだ。底抜けに明るい蝉玉がシリアスな場面で浮かべる表情や、真面目で固そうな玉鼎の見せる思慕の情、一つ一つの演出がぐっとくる。そのおかげで、玉鼎真人は登場シーンが少ないとは思えないほどの存在感である。
    地上に残された組の動きなど、複数個所で同時展開していくことも含めて、「大戦」としての魅力が増してきたのではないだろうか。

  • ジャンプ・コミックス

  • 第116〜124話収録。
    孫天君(そんてんくん)の対決なかなか話が凝っていて好き。十天君の宝貝「十絶陣(じゅうぜつじん)」の説明は分かりやすく、太公望のイカサマっぷりや玉鼎真人(ぎょくていしんじん)の才能も上手く発揮されている。玉鼎真人は性格も好きだったから、もう少し長生きしてほしかったな。一方、雲霄(うんしょう)三姉妹の機転により、共に金鰲列島へやってきた黄親子。趙公明戦の際に戦力になったからか、天祥普通に連れてきてて笑う。董天君(とうてんくん)との対決は緊迫感なく楽しく戦っていて可愛らしかった。

  • 楊ゼン救出のため、金鰲島内部へ侵入した太公望らの前に現れたぬいぐるみ(?)は、空間を自在に操る金鰲十天君が一人・孫天君だった!!「遊び」が勝負のオモチャの世界『化血陣』でクイズに負けた蝉玉が人形に!?(Amazon紹介より)

  • 味方側が一人死亡
    やっぱりこの人が逝っちゃったかぁ思ってた通りだった・・・

    これから誰かが死ぬ雰囲気満々ですな・・・

  • 崑崙山と金鰲島、十二仙と十天君の戦い。「気がつけばジャンプ」パターンではありますが、あまりそういう感じがしないところが不思議。楽しいです。

  • 双方がぶつかり合う結果となった崑崙と金鰲島。金鰲島に侵入した楊ゼンを救うべく太公望らは金鰲島内部へ。そこに現れたのはカピバラのぬいぐるみだった!?…玉鼎真人の登場してる話は少なかったが、玉鼎のひたむきな献身的に身を挺して楊ゼンを守り抜き、封神されてしまうシーンはこのフジリュー版の封神演義で外す事が出来ないエピソードの一つです。背負い込む太公望が見てられないが…気遣う普賢の優しさ、昔ながらの仲良しな2人の仲は緊迫感が漂う戦いのシーンの中で微笑ましかった。

  • 「思い出すよ…
     おまえが赤子の頃にも 雨の中をこうやって歩いた事があった……
     ぬれないように… 風邪をひかぬように……。」

  • 玉鼎真人のところで泣。しかも崑崙側で封神第一号だよう・・・。

全18件中 1 - 10件を表示

封神演義 14 (ジャンプコミックス)のその他の作品

藤崎竜の作品

ツイートする