封神演義 14 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.58
  • (100)
  • (41)
  • (273)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1047
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088726984

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 味方側が一人死亡
    やっぱりこの人が逝っちゃったかぁ思ってた通りだった・・・

    これから誰かが死ぬ雰囲気満々ですな・・・

  • 双方がぶつかり合う結果となった崑崙と金鰲島。金鰲島に侵入した楊ゼンを救うべく太公望らは金鰲島内部へ。そこに現れたのはカピバラのぬいぐるみだった!?…玉鼎真人の登場してる話は少なかったが、玉鼎のひたむきな献身的に身を挺して楊ゼンを守り抜き、封神されてしまうシーンはこのフジリュー版の封神演義で外す事が出来ないエピソードの一つです。背負い込む太公望が見てられないが…気遣う普賢の優しさ、昔ながらの仲良しな2人の仲は緊迫感が漂う戦いのシーンの中で微笑ましかった。

封神演義 14 (ジャンプコミックス)のその他の作品

藤崎竜の作品

ツイートする