ONE PIECE 8 (ジャンプ・コミックス)

著者 : 尾田栄一郎
  • 集英社 (1999年5月1日発売)
3.81
  • (314)
  • (141)
  • (475)
  • (6)
  • (1)
  • 本棚登録 :3137
  • レビュー :68
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088727127

ONE PIECE 8 (ジャンプ・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 首領・クリーク戦。
    ルフィの腹にくくった、ためらいのない信念の"1本の槍"。

    ルフィもかっこいいけど、いろんなことを経験した上の
    深くでっかい人物たちに会えるのもワンピースの楽しみ。
    サンジのバラティエからの旅立ちは、過去の話を
    読む時よりもぐっときていつも泣いてしまう。。。
    ゼフかっこいいなぁ。ヒゲ三つ編みだけど[笑]

    仲間も増えて、またまた新しい仲間へのアーロンパーク編。
    王下・七武海「ジンベイ」の名前がはじめて出てくるところ♡
    そして、アーロンパークには、はっちゃんーーー♡
    のちのちにもいろんな楽しみが繋がってる魚人族との戦い。
    伏線の見落としがないかしっかり再読しようー♪

    で、ニャーバン兄弟のブチのマントみたいなのは「こたつ布団」[笑]
    本編は連載で追いかけて読んでいても、まとめて何度も読める
    だけでなく、SBSでいろんなミニ情報やネタが見れるのも
    コミックスのうれしいところで、毎回発売が楽しみ♡

  • サンジくんの「クソお世話になりました‼︎」が泣ける…

  • サンジが旅立つとこのシーン、なきました(ノД`)
    もうめっちゃよすぎた…!!ここからナミ編が始まるんだなあ
    アニメでちょっと見てたなあ、懐かしい

  • 無料アプリ。再読。
    超有名なクソおせわになりました。例外なく泣けた。でも若い頃読んだときはそりゃあおいおい泣いたと思ったけど、ある程度の歳をとった今はサンジの回よりもウソップの方が泣いたな〜と感じ方が変わってた。この頃のルフィはまだ戦い方がシンプルで(伸びちゃうけど)かっこいいなぁと思う。後半はナミ。アーロンパークへ。

  • サンジ加入。くそお世話になりました!で、いよいよVSアーロンだ。

  • 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 2016.02.06 読了

  • 体中に武器やら鎧やら着込んでるクリークより、
    胸にびしっとくくった信念という槍一本装備しているルフィの勝利!
    つか、
    最後はサンジに助けてもらってるけどなぁ。。。
    いろんな意味で!

    今頃の夢はオールブルーなんですねサンジきゅん!
    つか、
    サンジの別れも好きですな。
    そして、
    物語はアーロンへ!

    ナミのお姉さんノジコ登場!
    つか、
    ナミはアーロン一派だったのだ!

    未だに、
    ゲンゾウさんの風車わからん。。。
    続く・・・。

  • サンジエピソードくっそ泣くんだわ! #ワンピース再読

  • クリーク戦終結とサンジが仲間になる編。

    ゾロがいないのでなんかなーと思ってたけど、サンジが旅立つ時のシーンは泣けた。

    一巻につき一泣きできるわ、とりあえず。

    後半はナミ編スタートかな。今のところアイツ嫌いなんだけど好きになるのかな。
    (150602)

全68件中 1 - 10件を表示

ONE PIECE 8 (ジャンプ・コミックス)のその他の作品

尾田栄一郎の作品

ONE PIECE 8 (ジャンプ・コミックス)に関連する談話室の質問

ONE PIECE 8 (ジャンプ・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする