ONE PIECE 10 (ジャンプ・コミックス)

  • 3088人登録
  • 3.80評価
    • (303)
    • (127)
    • (481)
    • (3)
    • (1)
  • 70レビュー
著者 : 尾田栄一郎
  • 集英社 (1999年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088727738

ONE PIECE 10 (ジャンプ・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ♪瀕死のゾロを吹き飛ばす♪

    と、この巻を再読するたびに、今ではすっかり懐かしい、
    レギュラーの「あるある探検隊」のメロディで
    軽やかに脳内で歌ってしまう...。ゾロごめん♡

    瀕死状態のゾロなのに、吹っ飛ばして戦いを
    交代する、雑すぎるルフィのこの場面が大好き[>▽<*]

    ウソップは勇んだり、逃げたり、しながら[笑]
    アーロンパーク最終戦。

    どんなに絶望的な状況でも、ルフィがいるだけで
    希望が湧いてくる。さすが覇王色。

    でも、桁外れの強い仲間の中で、己の弱さと戦いながら、
    最後には必ず仲間と正義のために戦うウソップは
    ほんとにすごいと思う。

    仲間と一緒にめいっぱい笑うために精一杯戦う。
    読者に近い立場としてウソップが強いルフィたちの中で
    どう戦って、どう支え合っていくかを書いてくれていることも
    ワンピースの素晴らしさだなぁといつも感動する。

  • ナミの過去つらい…(ノД`)
    次巻でナミ編決着かな??

  • なんで82話だけepisode82なの?しかもかっこいい。うちの航海士を泣かすなよって!ルフィはやっぱりぶれないなー。好き。でも今回ウソップが良かった。弱いはずなのに頑張るから良かった。みっともねぇつって。何もできねぇから助けてもらうんだの件もいい。ウソもつけねぇは笑ったけどお前に勝てるは感動したなー。

  • ルフィ復活。反撃開始。

  • 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 2015.11

  • アーロン戦。意外とコンパクトにすっきりと展開してたんだな。 #ワンピース再読

  • 魚人アーロン編。

    前半でルフィが海中行っちゃって全然出てこない。

    そして意外にウソップが良い闘いするね。
    ゾロは相変わらずかっこいいよぅ。

    ココヤシ村の人たちもナミを守ろうとするし、死んだらダメな奴らばっかだ。
    (150602)

  • アーロンパーク編。
    かっこいい巻ですねー。

    82話だけ「第○話」じゃなく「EPISODE○」なんですね。扉絵もかっこいいわ。
    ルフィに弱いところを見せられるようになってからのナミちゃんは一段と可愛くなった。ヒロイン感が増した。
    ゾロさんのミホークに勝つまでは絶対に倒れないぞという意思、サンジくんのスマートなかっこよさ、ウソップの、誰の心にでもある”卑怯さ”に勝った瞬間(あいつらと笑い合うためには本気で戦わなきゃいけない〜)、どこを切っても男らしい!
    全員がナミちゃんを救おうとして戦ってる感じがとても良いですね〜〜続きが読みたい。(再読だから続きは知ってるんだけども。笑)

  • 2014/12/15完讀

    和アーロン及其部下的戰鬥!(ナミ的畫面都特別感人!!)

全70件中 1 - 10件を表示

ONE PIECE 10 (ジャンプ・コミックス)のその他の作品

尾田栄一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
尾田 栄一郎
尾田 栄一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ONE PIECE 10 (ジャンプ・コミックス)に関連する談話室の質問

ONE PIECE 10 (ジャンプ・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする