ONE PIECE 11 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社 (1999年12月2日発売)
3.79
  • (306)
  • (138)
  • (495)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 3290
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088727974

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ルフィvsアーロンは、
    測量室での戦いがちょっと涙ものですな。
    ゴムゴムの斧でルフィの勝利!
    しかし、
    なんで風車なんだ!?

    舞台は海賊王が処刑されたローグタウンに!
    そこで、
    スモーカー大佐とたしぎ登場からの、
    バギーとアルビダも登場しルフィを死刑台で処刑しよと思ったら雷!
    ルフィはなんとかバギー&アルビダから逃げ出して11巻は終了!
    つか、
    ルフィあきらめるの早くないか?!

  • 生ハムメロン!!

  • 新たな展開で、かつて登場してきた人が再登場してくるのは面白い。壮大な物語性を感じるからね。
    ただ、戦いのシーンが何書いているのかよくわからないってのが難点だ。ほかの人はちゃんとわかっているのだろうか。

  • 今回のアーロンとの戦いが、今のところ私は一番おもしろかったなぁ。

    この前スーパーに行ったら、そこに「ナミのみかん」というのが
    売っていて、「なんでナミがみかん?」と思っていましたが、
    そのわけがやっとわかりました。

  • かかしさんの本

    出版社/著者からの内容紹介
    つかう? ナミを道具扱いするアーロンの発言に、ブチキレるルフィ! ナミの心からの笑顔を取り戻すため、怒りの一撃がアーロンパークもろとも吹き飛ばす! “ひとつなぎの大秘宝”を巡る海洋冒険ロマン!!

    アルビダ!
    そしてわたしは神を信じます。

  • アーロン編がこの完で終わり、新たな展開が始まる。「お前はおれの仲間だ!!!!」には、ちょっと感動(*^_^*)

  • 新しい旅立ちがある度に何かしら泣きそうになるのがこの漫画の良い所です。

  • ナミの正式加入とルフィの死刑台のはなし。

  • アーロン一味③〜ローグタウン

    鷹の目とシャンクス。
    三代鬼徹。
    アルビダ、バギー一味も。

    盛りだくさんの巻。

  • アーロンとの最後の戦いが終わり
    始まりと終わりの町 ローグタウンへ 
    海賊王Gロジャーが生まれて処刑された町

著者プロフィール

尾田 栄一郎(おだ えいいちろう)
1975年1月1日生まれ。熊本県熊本市出身、九州東海大学中退。A型。絵を趣味としていた父親の影響から、幼少期より絵に親しんでいた。4歳の時から漫画家になることを夢見ていたという。中学時代から本格的に漫画に取り組んできた。
1997年より『週刊少年ジャンプ』で連載が開始された『ONE PIECE』の累計発行部数は国内最高の3億5000万部を突破。「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。
1992年下期「WANTED!」で第44回手塚賞準入選(「月火水木金土」名義)。1993年「一鬼夜行」で第104回ホップ☆ステップ賞入選。2006年『ONE PIECE』で日本のメディア芸術100選マンガ部門選出、2012年には第41回日本漫画家協会賞大賞受賞。

ONE PIECE 11 (ジャンプコミックス)のその他の作品

尾田栄一郎の作品

ツイートする