封神演義 19 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.58
  • (98)
  • (40)
  • (269)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1036
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088728452

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 牧野の戦い。殷と周の決着をつける戦いをこれまで通り人の対決とするだけでなく、妲己と太公望の戦いとしても描き、さらに紂王についても衝撃の戦いが巻き起こる。一つの戦いで盛り上げに盛り上げていく。
    そして申公豹によって語られる妲己の背後にいる「歴史の道標」の正体と目的。ここで語るにはテンポが良くない、という気もするのだが、殷と周の決着がつけばそれで終わりではないということをこの時点で見せておくことは実に巧妙。

  • ジャンプ・コミックス

  • 第161〜169話収録。
    表紙の紂王格好良いなあ、本編中戦う姿は韋護がいうように「キショ…」だったが。その戦いの最中、遂に妲己の後ろ盾である女媧(じょか)の存在について語られる。申公豹はよくもまあこんなに調べ上げることできたよね。哪吒と楊戩のコンビネーション良い感じ、何だかんだ言って仲良しだね。紂王が正気を取り戻し朝歌へと戻った直後の話の切なさよ、そして天化の決意が次巻で明らかになる。

  • 巨大な歴史の分岐点―殷と周の最終決戦がついに始まった!太公望は妲己の誘惑の術に苦戦するも、スーパー宝貝・太極図により呪縛を解除。だがあくまで余裕の妲己。その笑みを裏付ける驚異の切り札とは…!?(Amazon紹介より)

  • うちゅうじん!?
    なんかSF的なものがお話に関わってきた

    でもこの展開きらいじゃないです

  • 牧野の戦い。俯瞰の戦局図が出るなど、本格的な地上戦。空中では色々行われてるんですが。妲己の真意は?

  • 太公望VS妲己、周の兵25万人対殷の兵70万人と圧倒的な不利でついに開戦。誘惑の術を解くためにスーパー宝貝・太極図を駆使するが苦戦を強いられるが、思わぬ援軍により救われる。妲己も切り札となるものを出すのだがその正体は…紂王でした。粉うことなき紂王でした。心が。衰退していく者、国もあれば、新たな息吹きを吹かす者とその力を受け芽吹こうとする国の対比が歴史の壮大さを物語る。紂王のもたらした衰退が儚くも切なく、姫発改めて武王の力強さがこの歴史を引っ張らんとする姿が紂王を引き立ていて何とも言えない風合いを出した巻。妲己がノリノリな戦いなので真剣さを欠いた戦いだが…そこが良い!!お色気3割増!!!何という敵だ。少年誌掲載というのが悔やまれる。地味にナタクと楊ゼンのコンビネーションが素晴らしいね。歴史の道標の正体がジョカであり、正体も分かり、SF歴史ファンタジーとして更に壮大的な物語になってきたぞ。

  • 「この国に王など…
     王など もうどこにもいない…。」

  • 武王にヒゲ生えてる!!

  • お気に入りの巻の一つ。紂王好きです

全19件中 1 - 10件を表示

封神演義 19 (ジャンプコミックス)のその他の作品

藤崎竜の作品

ツイートする