ストーンオーシャン 1 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.79
  • (165)
  • (104)
  • (264)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 1254
レビュー : 95
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088728667

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第1話だけ読んだことがある気がするけれど、最近まで読むのを諦めていた第6部。冒頭いきなり際どい話題から始まる。髪の毛と、糸が出た後の体の描写を描くのが面倒くさそう。「CUJOH」のスペルが新鮮。ジョリーンのねずみの着ぐるみ姿は誰得なのか(演出上仕方がない?(苦笑))。中盤以降のサスペンス展開がちょっと第4部を彷彿とさせる。時限付き体のサイズ問題も、ハラハラ。グェスの性格は第5部のドッピオみたい。そして、最後にやっと登場。

  • Jolene / Olivia Newton-John

  • プッチ神父すきやで

  • 正直、1部~5部まで一気読みしたので、6部はもうスタンド合戦はお腹いっぱいの状態で読んだ。
    だから前半は正直読んでてきつかったかもしれない。いや、普通に漫画として面白かったけど、ジョジョのクオリティを期待して読むと、残念感はぬぐえない。
    絵が前よりも更に濃くクセのある絵になったので、どういう状況なのかイマイチ分からない所があったり、敵の倒し方もマンガとはいえ強引すぎると感じてしまう。

    ただ、後半からの盛り上がりは個人的に歴代ジョジョの中でもかなり面白かった。まず、敵スタンドの面白さ。世界中の架空キャラクターや絵画の人物が出てきて攻撃してくる「ボヘミアン・ラプソディー」や、自分から半径3㎞以内の重力を逆転させる「c-moon」など、壮大なスケールのスタンドがたくさん登場する。
    初期に比べると、スタンドのパワーインフレが激しく、勝ち目がないんじゃないかと思ったところで、徐倫たちが発想力で勝負するところが面白い。結末も壮大で且つ予想だにしないエンディングだった。

  • ジョジョ 6部
    ストーンオーシャン
    徐林イメージとだいぶ違った・・

  • ジョリーンはなかなかの変態だね(笑)

  • (1)~(17)。完。

  • 6部は今のところ、テンポがゆったりした感じに見えるのと、描写が全体的に「濃い」ように感じるかも・・・。とりあえず2巻!

  • 第6部開始ッ!
    無実の罪で刑務所暮らしが始まった徐倫。

    「糸」スタンドを発現させた徐倫に待ち受けてる新たな冒険が楽しみ。
     
    相手を小さくするスタンド「グーグー・ドールズ」は、ホルマジオの「リトル・フィート」みたい。
     
    ・グーグー・ドールズ(グェス)

  • 下ネタヒロイン

全95件中 1 - 10件を表示

ストーンオーシャン 1 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 (ジャンプコミックス)のその他の作品

荒木飛呂彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ストーンオーシャン 1 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする