ONE PIECE 19 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.74
  • (259)
  • (134)
  • (468)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 3079
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088731339

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「国とは"人"なのだ」
    ビビも国王もほんとに素晴らしい。

    世界中のトップがこう思い、自国のことだけでなく
    すべての人に優しさを持てる国づくりをして
    今の世界ではとてもなく大きな壁を作っている
    人種や国の違いなんて、ほんとはすごく小さなことで
    コトバの上だけでなく、ほんとに世界中みんな仲間だと
    思える日がきてほしいと願わずにはいられない。

    "ワニの家で会おう!!!"
    スモーカーと一緒に罠に。

    Mr.プリンス!
    ピンチの時にやってくる、王子様方式はサンジくんにぴったり♡
    誤解が解ければ、敵も友になりえる。
    敵も魅了していくルフィ、ほんとステキだなぁ。

    そして、ルフィはクロコダイルと最初の戦いへ!

  • アラバスタの乗っ取りを企てたバロックワークスのクロコダイルが裏で糸を引き国王軍と反乱軍に分かれて敵対させて国を弱体化させようとしていることにようやく国民の1人が気づき始めたところ。物語の中盤に差し掛かり我慢を強いられる展開がようやく反転攻勢に向かい始める。そのきっか系を作ったのがサンジ。ただのコックじゃあない。悪がどこまでも悪であるほどそこからの解放には爽快感が生まれる。勧善懲悪のカタルシス、これも一つの緊張と緩和ではなかろうか。尾田先生の描く悪役の悪さが漫画史に残る感動を次々と生み出す一つの要因になっているんじゃないかと思った。

  • クロコダイルとの戦い。ヒヤヒヤ。

  • 無料アプリ。再読。
    サンジいないなーと思ったらすごく機転の利く。頭いいよなぁ。Mr.3のドルドルの実の力で合鍵思い付いたウソップもおもしろい!スモーカーのあの耳の良さはなんだろう?外に出てからのナミの香水も、ただのサンジの気まぐれかと思ったけど、意味があったんだなぁと再読で実感。いよいよクロコダイル!

  • いよいよクロコダイルと1ラウンド目開始。

  • 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • ルフィとビビのケンカから、
    一路クロコダイルの居るレインベースに向かう!

    コーザ達反乱軍は総攻撃に出る一方、
    カルーの知らせを受けてビビのお父様であるコブラ王は、
    黒幕がクロコダイルと知るといなや、
    レインベースへの進撃を決める!

    レインベースについたルフィ達を待ってたのはスモーカー大佐?!
    また、
    捕り物劇を繰り広げるが、
    巧妙なワナにひっかかりクロコダイルに捕まる。。。
    そこに、
    ビビが助けに入るが、
    クロコダイルもですが、
    バナナワニとの圧倒的な戦力の差にどうしようもない。。。
    ルフィ達を助けられない。。。

    一方、
    ボン・クレー達に策略はコブラに化けて、
    コブラを悪人へと仕立て上げることでしたが、上手く行っちゃった!

    国内の内紛は激化を辿る。
    さて、
    ルフィ達ももとにはプリンスことサンジ登場!
    これさ、
    サンジって生まれが北の海ってわかってるけど、
    実は北の海の王子様なんじゃないかって説が本当にあるのな。
    まぁ、
    横道などうでもいいお話しですけどね。。。

    サンジとチョッパーのタッグの頭脳戦のお陰と、
    ちゃっかりMr3のお陰で脱出成功!

    なぜか、
    スモーカーがルフィを解放し、
    ルフィ達はアルバーナへと向かう。
    マツゲの友人のヒッコシクラブに乗って向かうって時に、
    クロコダイルの強襲!
    20巻はクロコダイルvsルフィで幕開けですな!

    どうも、
    クロコダイル元女説なぁ。。。
    しかし、
    指輪とかつけてるもんなぁ。。。
    でも、
    男でもつけるしな。
    うちも、
    指輪好きだし!
    あっ、
    オカマだおいら笑

  • ナミの武器って、ウソップが作ったのか!すごいな。クロコダイルは悪役だなー。でも何故か嫌いになれない。

  • ビビはいつまでゾロの事をミスターブシドーって呼び続けるんだろう。チョッパーが動物と会話できるのはかなりの強み。

  • おお~、サンジかっこいい!この巻の主役だな。
    やることなすことうまくいかない展開も、はらはら感があってよい。

全54件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

尾田 栄一郎(おだ えいいちろう)
1975年1月1日生まれ。熊本県熊本市出身、九州東海大学中退。A型。絵を趣味としていた父親の影響から、幼少期より絵に親しんでいた。4歳の時から漫画家になることを夢見ていたという。中学時代から本格的に漫画に取り組んできた。
1997年より『週刊少年ジャンプ』で連載が開始された『ONE PIECE』の累計発行部数は国内最高の3億5000万部を突破。「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。
1992年下期「WANTED!」で第44回手塚賞準入選(「月火水木金土」名義)。1993年「一鬼夜行」で第104回ホップ☆ステップ賞入選。2006年『ONE PIECE』で日本のメディア芸術100選マンガ部門選出、2012年には第41回日本漫画家協会賞大賞受賞。

ONE PIECE 19 (ジャンプコミックス)のその他の作品

One Piece, Volume 19の詳細を見る ペーパーバック One Piece, Volume 19 尾田栄一郎
One Piece, Vol. 19 (19) ペーパーバック One Piece, Vol. 19 (19) 尾田栄一郎

尾田栄一郎の作品

ONE PIECE 19 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする