ONE PIECE 22 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2002年2月4日発売)
3.77
  • (276)
  • (123)
  • (462)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 3071
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088732220

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ルフィが戻って来た。心配は全くしてなかったが。戻ってくるもどり方がやはりカッコいいのが主人公の証。クロコダイルとの最終盤の闘い。その他のメンバーは広場の時計台に砲撃手がいることを突き止めるとそこにはno.7が。どういうことか分からない。どうなる?気になる。次巻を早よ。

  • クロコダイルとの息つく暇もない戦い。相方ニコ・ロビンが裏切られた。

  • 無料アプリ。再読。
    ハラハラドキドキ感がすごい。くし刺、生き埋め、干上がりと何度も殺されかけて、何度も立ち上がってくるルフィに苛立つクロコダイル。いよいよ余裕がなくなってきました。砲撃手を止められるのか。砲撃手ってあんな奴らだったっけね。すっかり忘れてるから拍子抜けした。

  • ルフィvsクロコダイル。第二ラウンド。ルフィは強い!

  • 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 王宮にクロコダイル、
    コブラ、
    コーザ、
    ビビ、
    チャカが居てチャカボロボロ。

    国王軍と反乱軍の戦いは必至か?!
    止まりそうに見えて、
    バロックワークスの上手い働きで開戦!

    ビビが、
    クロコダイルの殺されそうなところに、
    ルフィとペルが登場してビビを救出するルフィ!

    ルフィもスナスナの実の弱点をつきながら戦う。
    なにしろ八武海ですからね!
    でも、
    負けちゃうルフィ。。。
    大丈夫か?!
    と、
    思いきやまたまた復活!
    しつこいなルフィも笑

    クロコダイルを追ってるけど見失う。
    そこにいたのはたしぎ。
    なにもできないたしぎはルフィの後押しを。

    一方、
    クロコダイルとロビンはポーグリフにたどり着く。
    そこで、
    ロビンはクロコダイルに殺されかける。
    コブラはクロコダイルと心中する気ですな。
    と、
    そこにルフィ到着。
    最終決戦はどちらに軍配があがるのか?!

    あと10分で爆発する爆弾を探すクルーとビビ。
    時計台に爆弾あるの発見!

    クロコダイル倒せる?
    爆弾不発させれる?
    どうなるアラバスタ?
    23巻が楽しみな!

    しかし、
    普通の人間は干からびたら、
    わかめのように元の身体に戻れるもんなのか?
    まぁ、
    ファンタジーですもんね。。。

  • 水ルフィ可愛いわ(笑)

  • ルフィ「おれ達がこの島に来た時にはもうとっくになかったぞ…!!あいつの国なんて…!!ここが本当にあいつの国なら、もっと…!!!笑ってられるはずだ!!!!」

  • 全巻がダメだったのとは一転、今巻は手に汗握るハラハラした展開に。
    これでもか、これでもか、と襲ってくる危機は、食傷気味になる一歩手前で、絶妙の味加減。すごい。

  • 【持】

全59件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

尾田 栄一郎(おだ えいいちろう)
1975年1月1日生まれ。熊本県熊本市出身、九州東海大学中退。A型。絵を趣味としていた父親の影響から、幼少期より絵に親しんでいた。4歳の時から漫画家になることを夢見ていたという。中学時代から本格的に漫画に取り組んできた。
1997年より『週刊少年ジャンプ』で連載が開始された『ONE PIECE』の累計発行部数は国内最高の3億5000万部を突破。「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。
1992年下期「WANTED!」で第44回手塚賞準入選(「月火水木金土」名義)。1993年「一鬼夜行」で第104回ホップ☆ステップ賞入選。2006年『ONE PIECE』で日本のメディア芸術100選マンガ部門選出、2012年には第41回日本漫画家協会賞大賞受賞。

ONE PIECE 22 (ジャンプコミックス)のその他の作品

尾田栄一郎の作品

ONE PIECE 22 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする