ONE PIECE 23 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2002年4月4日発売)
3.89
  • (375)
  • (125)
  • (469)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 3212
レビュー : 100
  • Amazon.co.jp ・マンガ (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088732527

作品紹介・あらすじ

クロコダイルとの死闘により、傷付き、ボロボロになったルフィ。だが、仲間との強き絆が、ルフィの身体を突き動かし、激動続くアラバスタに、終止符を打つ!! “ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)"を巡る海洋冒険ロマン!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • "この国を守るため"
    戦うためでなく、大切なものを守るために己を鍛える。
    アラバスタはほんとにみんな強く優しい。

    "死なせたくねェから仲間だろうが!!!"
    仲間のために戦うルフィたちとクロコダイルの戦いも終焉。

    この時ルフィが受けた毒が伏線となっているなんて
    連載当時は思いもしなかったけど。
    いつどこに伏線を置いてあるか分からないところも
    ワンピースを何度も読み込んでおく楽しみの1つだったり
    また新たに気づくことの楽しみだったり。

    威厳と権威を履き違えず凛として守るべきを守り
    心を柔軟に熱く動かすコブラもほんとにかっこいい。

    そして、ボンちゃんとの友情、ビビとの友情。
    左腕の仲間の印のほんとのかっこよさは
    やっぱり原作が一番だなぁといつも思う。
    尾田先生の1つ1つの線に感動が宿る瞬間。
    初めての長い章、アラバスタ編。

    この後の展開に続くことも多くてほんとすごい章だったなぁと
    再読するたびに改めて気づく、アラバスタの大きさ。
    アラバスタ料理、食べてみたいなぁ~♡

  • 【王族の覚悟・政府サイド心意気】
    アラバスタでの戦い最終章。
    ビビの女王としての覚悟がスゴイ!
    国王やイガラムもそれぞれの信念の元国を守ろうと
    していてカッコいい!
    政府サイドの人間模様も意外性があり面白かった。
    社長、経営者など人の上に立つ人に読んでほしい!

  • アラバスタ王国の乗っ取りを企てるクロコダイルとルフィの決戦。いよいよ最終局面を迎える。時計台からの爆撃を一旦は防いだかに見えたが、その先を読んでさらなる爆撃を仕掛けるB.W。さすがは悪の結社のやることは一歩先を行く卑怯さだ。このピンチを(最大のピンチを)アラバスタの国王軍の賢人ペルが自らの命と引き換えに数万の人々の命を救う。戦士としてはこの上ない理想的な死。勝利→休息→宴を終えてすぐに次に向かう。海賊に誘われたビビ王女がくだした決断は…あの昔見たUSJでのルフィのポーズはここで出てくるのかと5年ぶりくらいに遅れて感動が来た。さすが名シーン製造機、勝手に命名。すごいな尾田先生。そして物語がまた新たに始まる。

  • まさかのペルの行動に。。。
    アラバスタの戦い終わる。
    印象的な雨のシーン。
    そして、宴が泣けるだなんて。
    左腕の仲間の印も。

  • 何処までも周到なクロコダイルの計画をぶち壊し、やっとアラバスタ編終了!

    国を思うビビや国王、仲間を思うルフィや麦わらの一味の台詞に一冊ずっと泣きながら読み切りました。。
    疲れる…

    最後のボンちゃんには笑うけど、しっかり仁義を決めてくるところがあんなふざけた顔形なのにカッコいいw
    ここで捕まって後の監獄編に繋がると。
    良く出来てる物語だ。

  • 連載当時、まだ尾田先生は20代半ば。このクオリティで、週刊連載なんて信じがたい。

    まあ、そんな信じがたい漫画がジャンプにはたくさんあるんだが。

  • 感涙。

    • matuzaki01maさん
      9巻は感涙、23巻は号泣、◯◯巻は激涙、◯◯巻は激泣。
      9巻は感涙、23巻は号泣、◯◯巻は激涙、◯◯巻は激泣。
      2011/06/03
    • kakitsubatayuriさん
      えー!!
      きになる!
      えー!!
      きになる!
      2011/06/03
    • kakitsubatayuriさん
      「絆」
      気持ちを共有したい。

      「絆」
      気持ちを共有したい。

      2011/06/22
  • アラバスタが一番好き! 絶対ペル死んだと思ったもんなあ。朝から泣きそうになったもんなあ、電車のなかで!
    ビビとカルーにまた会いたいな〜(つД`)ノ

  • クロコダイルとの闘いに勝ちアラバスタ王国救う。死なせたくねぇから仲間だろうが!ついに七武海の一角を落とした。ペルの最期は涙が出た。ルフィ懸賞金1億ベリー、ゾロ懸賞金6千万ベリーは海軍本部将官クラスが動き出すレベルとな。咲かせてみせようオカマウェイ。ボンちゃん!ほんと最高にいいキャラ!最後にはワンピースの名シーン。ビビとの仲間の証。高校生のときみんなであのポーズで写真撮ったわ〜って思い出した。

  • 勝ったー!守った。ルフィ強い!この巻はペルだな。あとビビとお別れのところ。

全100件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

尾田 栄一郎(おだ えいいちろう)
1975年1月1日生まれ。熊本県熊本市出身、九州東海大学中退。A型。絵を趣味としていた父親の影響から、幼少期より絵に親しんでいた。4歳の時から漫画家になることを夢見ていたという。中学時代から本格的に漫画に取り組んできた。
1997年より『週刊少年ジャンプ』で連載が開始された『ONE PIECE』の累計発行部数は国内最高の3億5000万部を突破。「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。
1992年下期「WANTED!」で第44回手塚賞準入選(「月火水木金土」名義)。1993年「一鬼夜行」で第104回ホップ☆ステップ賞入選。2006年『ONE PIECE』で日本のメディア芸術100選マンガ部門選出、2012年には第41回日本漫画家協会賞大賞受賞。

尾田栄一郎の作品

ONE PIECE 23 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする