シャーマンキング 20 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.35
  • (31)
  • (18)
  • (181)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 593
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088732954

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 嫁と旦那の絆というか結びつきというか、恐山ストーリーはめちゃくちゃ好きですアニメ化してほしい

  • 悲しみが際限無く拡がります。
    アンナ以上にマタムネに対する想いが辛くて悲しくて。
    いつか会えると信じて副題を au revoir.にしたのだと捉えました。
    A deauだと永遠の別れになりますからね。

    マタムネが葉とアンナ、そして何より葉王と再会出来る日が訪れます様に。

  • なんとかなるってのダンナと意地っ張りかわいいアンナさま。

    「不肖の身なれども
    この度は
    至上の喜びと
    ちりぬるを
    非常に思われど
    気にはせぬ
    微笑のひとつでも
    くりゃりゃんせ」

    「あのお方が正しいかどうかなど問題ではなかった。信じることをやめた小生のこの行いこそー人の闇そのものだったのです。」

  • 恐山ル•ヴォワールってこんな話だったのね

  • 2011年8月 登録。

  • 武井宏之

  • 葉とアンナが出会った時の話。シャーマンキングの中でも一番好きなところ

  • 葉は初恋の人です。

  • アンナが葉に心を開く
    そして、マタムネが消えてしまう

    また、マタムネにあるといいな

  • この猫の話が良いんです。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1972年生まれ。漫画家、イラストレーター。代表作は『仏ゾーン』、『シャーマンキング』、『重機人間ユンボル』など。2019年現在、マガジンエッジで『SHAMAN KING THE SUPER STAR』、『SHAMAN KING レッドクリムゾン』(原作)を連載中。

「2019年 『SDガンダムスペシャルアンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武井宏之の作品

ツイートする
×