DRAGON BALL 完全版 4 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.62
  • (34)
  • (22)
  • (90)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 468
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088734477

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天下一武道会も終わって、悟空は新たなドラゴンボール探しの旅に。

    レッドリボン軍のマッスルタワー懐かしいっっっ!!!
    1階進むごとにドキドキしたなぁと改めてわくわくっ。

  • コミック

  • 2017.06.24. 読了

    天下一武道会ってこんな風に終わるんだ。
    そして、またじーちゃんの形見のドラゴンボールを探す旅に出た悟空

    いい奴だなぁ

  • ジャッキー・チュンとのバトルとかほとんど覚えてなかったなぁ・・・!あとRRのシルバーの存在も忘れてた(笑)でもマッスル・タワーっていう響きとか懐かしい!熱くなるわー!!

  • ぜんこくびっくりしょー!

  • レッドリボン軍編突入。表紙といい出場理由といいジャッキーチュン格好よすぎ。月破壊はやりすぎだけど。地球への影響が心配だ。階級が絶対的な強さのバロメーターではないけれど絶対シルバー大佐よりメタリック軍曹の方が強いだろ。

  • レッドリボン軍とかムラサキ曹長とか懐かしいー。この頃はこの頃で不思議な魅力があって面白い。まさにドラゴンボールって時期やね。

  • 第21回天下一武道会決勝戦:孫悟空×ジャッキー・チュンが描かれます。決勝戦は8話構成。決勝らしくちょい長めでしたが、いろいろ攻防あり、大技あり、大猿ありの展開で長く感じませんでしたね。

    後半は再びじいちゃんの形見である四星球を探して旅に出た悟空が、レッドリボン軍との攻防に突入し、マッスルタワーでの戦いの途中までです。

    ちゃんとストーリーを進めながらしょーもないギャグなども織り混ざっていてやっぱり面白いなドラゴンボール。

  • 天下一武道会決着、あっさり。そして悟空は再びDB探しへの旅。RR軍登場。

  • ドラゴンボール 完全版 04

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

鳥山 明(とりやま あきら)
1955年、愛知県生まれの漫画家。1978年に『週刊少年ジャンプ』にて読み切り作品『ワンダーアイランド』でデビュー。1980年に『Dr.スランプ』を連載開始し、大ヒット。TVアニメや映画化され、第27回小学館漫画賞少年少女部門を受賞。1984年『ドラゴンボール』を連載し、世界をまたにかけたヒットに。「ドラゴンクエスト」キャラクターやモンスターのデザインをシリーズ通じ手がけている。『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』で2000年文化庁メディア芸術祭デジタルアート・インタラクティブ部門大賞を受賞。また、『ドラゴンボール』で2006年日本のメディア芸術100選マンガ部門3位選出、さらに2019年5月31日にフランス政府から芸術文化勲章を授与されている。

鳥山明の作品

ツイートする