DRAGON BALL 完全版 5 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.64
  • (37)
  • (21)
  • (89)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 453
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088734484

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 怪物ブヨンにハッチャン!
    ハッチャン懐かしい!
    やさしくてかわいくて大好きっ♡

    ブルマのお父さんも懐かしいー。
    で、筋斗雲あっさり復活というか、そうだったっけー!と、記憶こぼれすぎε-(´∀`; )

  • コミック

  • 2017.06.24.読了

    60〜74

    ブルマってカプセルコーポレーションのお嬢さんなんだ!
    そーいえばそんな覚えが…
    本当に何も覚えてないなぁ

  • ハッチャンとのエピソードいい話!ブルー将軍登場!しかしブルマが小さくなったりするのとか、すっかり忘れてたなぁ・・・!西の都と亀仙人の強さと鳥山さんのメカセンスにテンションあがる!

  • はっちゃんいいやつ

  • マッスルタワー攻略。ムラサキ戦のノリがなんだか懐かしい。筋斗雲復活。不思議と筋斗雲にも感情が宿っているようにみえる。ブルマのお父さんの名前はブリーフ。下着で統一(ブルマって下着か?)してるのか。お母さんの名前は尋ねづらいな。

  • この頃のドラゴンボールは本当に面白かった。今読むと、ブルマが可愛い。

  • この頃のバトルはホントにお笑い。ムラサキ曹長のタフさには悟空もツッコんじゃうぐらい。
    さて、いよいよブルー将軍ですな。まだまだ大冒険が続きます。

  • マッスルタワーの戦いムラサキ曹長戦~西の都のブルマんち~ブルー将軍との海賊の洞窟での攻防の途中までです。

    ブルー将軍編では、ブルマにクリリンも仲間になって、一緒に洞窟を冒険します。こういうドラゴンボール探しの冒険も悟空がこのくらいの強さだった時はスリルがあって面白かったもんですが…。

    ドラゴンボールは後半は後半で違った面白さがありますが、この頃のストーリーもいいですよね。

  • 適役ながらムラサキ曹長の忍術はバカバカしくて良い。続いてブルー編に、ブルマ、亀仙人、クリリン再登場。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

鳥山 明(とりやま あきら)
1955年、愛知県生まれの漫画家。1978年に『週刊少年ジャンプ』にて読み切り作品『ワンダーアイランド』でデビュー。1980年に『Dr.スランプ』を連載開始し、大ヒット。TVアニメや映画化され、第27回小学館漫画賞少年少女部門を受賞。1984年『ドラゴンボール』を連載し、世界をまたにかけたヒットに。「ドラゴンクエスト」キャラクターやモンスターのデザインをシリーズ通じ手がけている。『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』で2000年文化庁メディア芸術祭デジタルアート・インタラクティブ部門大賞を受賞。また、『ドラゴンボール』で2006年日本のメディア芸術100選マンガ部門3位選出、さらに2019年5月31日にフランス政府から芸術文化勲章を授与されている。

鳥山明の作品

ツイートする