BLEACH 10 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.32
  • (134)
  • (83)
  • (853)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 2145
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088735252

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 瀞霊廷侵入は、空鶴の花火台から、砲弾と化して障壁を突破する作戦に決定。その為の特訓に悪戦苦闘する一護。同じ頃、瀞霊廷では一護達を取り逃がした失態を巡る隊首会の最中、何故か警鐘が鳴り響いていた!!(Amazon紹介より)

  • 「名前に一の付く奴ぁ 才能溢れる男前と相場は決まってんだ」

    カッコいい台詞。
    俺も一付く名前に改名しようかな。

  • 一角のツキツキの舞に笑ってしまった。こんなキャラだったか。忘れてた。でも一護との戦闘シーンはカッコいい。

  • 一護の修行シーンってそんなに多くないので、この巻みたいな鍛えられて苦労してる感じは楽しい。新キャラどんどん出て来てバトルが進むけど、これ何番隊まであって主要キャラどんだけいるんだろ。隊長、副隊長だけでも覚えられなそうなのに、5番手くらいの人まで出しちゃうのかー。斑目一角くん、ビジュアルはそんなインパクトないけど、目尻の赤いお化粧は好き。

  • 護廷十三隊の隊長さんがやっと勢ぞろい!(浮竹さん以外)女性副隊長陣もほとんど登場したかな。一護VS一角。

  • 飛んでった先は中ボスだらけとは大変ねー
    織姫ちゃんがんばれー

  • 志波岩鷲(空鶴の弟)

  • いきなり血が飛び交ってます。

  • タイトル*BLEACHーブリーチー10
    作者*久保 帯人
    出版社*集英社

    瀞霊廷侵入は、空鶴の花火台から、砲弾と化して障壁を突破する作戦に決定。その為の特訓に悪戦苦闘する一護。同じ頃、瀞霊廷では一護達を取り逃がした失態を巡る隊首会の最中、何故か警鐘が鳴り響いていた!!

  • 班目一角登場。
    ここからがソウル•ソサエティ編の本番。

全41件中 1 - 10件を表示

BLEACH 10 (ジャンプコミックス)のその他の作品

久保帯人の作品

BLEACH 10 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする