BLEACH 11 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2003年12月19日発売)
3.36
  • (159)
  • (99)
  • (858)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 2203
レビュー : 68
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088735559

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 席官?は割りとキャラが濃いよなあと思う。今読み返すと斑目さんが結構好きですね。

  • いよいよ瀞霊廷内の戦闘開始!斑目との闘いを制した一護、辛くも弓親を撃退した岩鷲。一方、織姫と石田も巨大な死神に挑む!!やがて一護はルキアが囚われている塔に辿り着くが、そこには宿敵・恋次の姿が!?(Amazon紹介より)

  • 「てめえを斬るぜ」

    最高に面白い。
    この辺は神がかってた。

  • ・ガンジュvsマツゲ
    ・一護vs恋次

    過去話がいい。恋次、おまえいいやつだな。
    vs恋次での戦いの描写が面白い。

  • 阿散井恋次くんとルキアの過去。恋次くん良い奴じゃないか〜。最初悪役っぽかったけど。この後、一護と友情芽生えるかな。そこまでいかなくても、良きライバルとして恋次くんにも強くなって欲しい。

  • 戦闘シーンばっか気にしてた昔だったけれど、今読んでみるとストーリーの良さに感心する。
    一護の覚悟がかっこいい。恐怖しか映らない剣ってのは生き方に通じるね。
    そして恋次の心情。彼は流魂街出、ルキアと育ち、5番隊、11番隊、6番隊副隊長と経歴が詳細に明かされていく。ただ一つのルキアへの思いと白哉を超えたいという気持ち。
    この二人の真っ直ぐな気持ちがジャンプ作品としても優れている部分に感じた。

  • 岩鷲VS弓親。花太郎も登場。そして檜佐木修兵が初めて喋った!吉良くんは名前をやっと紹介してもらえた(笑)阿散井くんVS一護再び。「星と野良犬」の回は名作だと思う。

  • なんだよ幼なじみエンドかよー
    んもー恋次ときたら
    はよみな覚醒できればよいのう

  • 阿散井恋次。

  • 恋次!

全68件中 1 - 10件を表示

BLEACH 11 (ジャンプコミックス)のその他の作品

久保帯人の作品

BLEACH 11 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする