武装錬金 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.44
  • (86)
  • (84)
  • (336)
  • (14)
  • (5)
本棚登録 : 982
レビュー : 71
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088735573

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中学生のとき初めて読んだ時はパピヨンキモって思ったけど大人になったらパピヨンが可愛くて仕方ない〜!
    5巻が一番アツくてすき!みんなのために戦うヒーロー展開に弱いので
    でもカズキくんは完全無欠のヒーローじゃなくて普通の高校生なんだよな〜みんなのために戦うけど自分の人生を諦められないそんな葛藤もすき
    和月先生には規制のないところで思いっきり描いてほしさある

  • パピ様

  • 「るろうに剣心」の和月伸宏による現代の高校生を主人公としたバトルコミック。

    主人公の武藤カズキは平凡な高校生だったが、ひょんなことから化け物と闘う少女を目撃してしまい、死んでしまう…という夢を見る。起床後、普通に登校し、いつもどおりの平和な一日が始まったかに見えたが、放課後にこの「いつもの毎日」は変貌を遂げる。「ホムンクルス」と呼ばれる化け物に襲われるのである。昨晩の夢は夢じゃなかったことに気づいたカズキのケータイが鳴る。それは昨晩の夢の少女から。少女は告げる。「力を使うことを許可する」。
    新しいスタイルのバトルコミックのストーリーが幕を開けた!

    おまけページで作者コメントがついており、今回は「笑える」要素をおりまぜてみたとのことでしたが、今のところビミョーに不要だったかなという気もします。あくまで個人の感想ですが。斗貴子さんのデザインはイイ。

  • キャラに魅力あり!!

  • カズキがヴィクター化するまでは本当にめちゃくちゃ面白い。その点評価と知名度の低い作品。
    しかし初期から一貫して欠点がある。カズキが持論の正義についてベラベラとよく喋りすぎることだ。よく喋るがゆえに読者はカズキの持論に疑問を差し挟まざるを得ない。
    1~3巻では「自分の命のために他の命を犠牲にする蝶野」と「自分の命を賭しても他の命を守ろうとするカズキ」の対比が主に描かれる。ここで困ってしまうのがカズキが蝶野を「利己のために他の命を犠牲にする非情の悪」と糾弾しまくることだ。
    人を改造して作られ、人を食らうホムンクルスでも命は命である。でもカズキは大事な家族や仲間や町を守るためにホムンクルスを虐殺しまくる。これが「利己のために他の命を犠牲にする」行為でなくてなんだろうか。要はカズキも蝶野と同じことをやってるのである。
    「俺の大事なまひろと斗貴子さんを傷付けるな!」ならこんなツッコミを差し挟む必要はないのだが、カズキくんがペラペラと喋りまくるがゆえにツッコミを入れざるを得ない。カズキくんが偽善者に見える。困ったことである。


    またカズキがヴィクター化してから主人公の組織離脱、裏切り者化、敵との協力、味方からの襲撃、ラスボスの追跡と、少年漫画にしてはゴチャゴチャとこじれすぎて初期の単純明快な持ち味が薄れる。
    カズキのヴィクター化で一番よくなかった点は「開き直り」。カズキの特性は「他人の幸せのため自分を犠牲にして命を張る」純粋無垢のヒロイズム。しかしヴィクター化したカズキはブラボー(と組織)の「完全にヴィクター化して世界に仇なす存在になる前に死ね」という決定に刃向かう。
    「ヴィクター化するまでの六週間は人として立ち向かう」という悲愴な決意は当然の展開。しかしこの行動によって「他人の幸せのため自分を犠牲にして命を張る」というカズキのキャラが大きく揺らいでしまっている。
    ヴィクター化すればカズキは世界を破滅させる存在になる。ブラボーに瀕死にされたのにエナジードレインですぐ復活した点からも分かるように、カズキが自身のヴィクター化を止めることに失敗した場合、自殺もしくは他殺が成功する保証は全くない。しかしカズキは生きようとする。「正義の戦士」に戻ろうとする。
    これは完全に自己犠牲でなく我欲である。悪(ヴィクター)でいたくない我欲で戦士に戻り、正義にのために戦いたかったに過ぎない。ある意味利己のために命を手放せなかった対極キャラである蝶野と同じジレンマに陥ってしまっている。
    人のために戦うため、人に迷惑をかけてでも自分の命を守ろうとする。そんなパラドックスに陥っているわけである。
    「斗貴子さんにもらった命」を粗末にできないから守ろうとしているとも取れるが、この点も、別に斗貴子が自己犠牲でカズキを助けてくれたわけではない。カズキが斗貴子をかばったキブアンドテイクとして核金を与えたに過ぎない。核金を与えたことで斗貴子が重大なデメリットを被ったわけでもない。「斗貴子さんにもらったから」ではいまいち「絶対粗末にできない命」の動機付けとしては弱いのである。
    しかし作中ではこのパラドックスは一切解決されないままカズキ側・蝶野側・組織側・ヴィクター側のグチャグチャの乱戦になってしまっている。モヤモヤしたままシリアス展開を読まされるのが作品力の低下につながっている。

    斗貴子も斗貴子で双子は任務に徹してあっさり殺そうとした割にカズキにだけは随分容易に肩入れしすぎている。ここでは斗貴子の戦士としての葛藤と、カズキに黒い核金を入れた張本人としての葛藤がもっと明確に描かれるべきだった。

    とにかくカズキは途中から「他人のために自己を捨てる正義のヒーロー」から「自分が(自分の身の回りの人を守る)正義のヒーローでいたいがために(世界中のそれ以外の)他人にリスクを冒させる真の偽善者」になってしまっている。そしてそのパラドックスを一切素通りした「開き直り」の主人公になってしまっている。
    るろ剣でもそうだが、和月ヒーローはこういう「開き直り」が鼻につく。もっとまっすぐな序盤カズキみたいなヒーローを描いた方が良い作品が描けるだろうに、しかし描けないところがこの人の味か。

  • なつかしいなあ、借りて読んでた。
    真っ赤な誓い!

  • 和月伸宏

  • いろんな意味でとても熱くてとてもジャンプです。
    が、後半の暴走加減和月自重wwwww
    全10巻、の他にもいろいろあるようです←

  • コミックスから入ったけど、アニメーションもかなり良い出来。いずれにせよパピヨンは素敵だと思う。

  • 酔った勢いで全10巻を一気読み。
    改めて読むと、シリアスとギャグと天然がごちゃ混ぜなのがジャンプコミックらしくていい。
    ワンピース、ダイの大冒険を彷彿としていて、それ系統が好きな人は会うと思う。

  • これは単行本から入った

  • 打ち切り…だと…!?
    蝶野がパピヨンになったあたりから「おお…これは…!」と思い、一気に読みました。打ち切りはもったいない…本当にもったいない…
    最後の詰め込み感がアレだけど、結構楽しめたです。

  • 爆笑&アクション。

  • 単行本が少なめで完結してて!っていうのを探したらこれでした。
    そ、うだなあ・・・印象薄めです。
    でもブラボーってキャラクター関連の話だけはとても好きです

  • 錬金術によってつくられた、人を食らう怪物・ホムンクルス!!怪物に殺された高校生・武藤カズキは、謎の少女・斗貴子に”核鉄”を与えられ、生き返る・・・それは、カズギの新たな命であることともに。怪物と戦う力だった!!

  • 面白かったはずなんだけど、急に熱が冷めてしまい、手放しました。

  • 背中に人生を!!!

    蝶サイコー

    久々のバトルヒロインで読みやすかったです

  • ホムンクルスVS錬金の戦士。
    本誌では打ち切り状態でしたが、赤マルで完結まで持って行ってくれたのに歓喜です。

    カズキ君が天然タラシすぎます。

    続巻は省略。

  • 全10巻。
    蝶サイコー。
    蝶野攻爵。

  • 錬金術を利用して作られたホムンクルスに対抗すべく
    錬金術を利用して作り出された武器、武装錬金。
    最初のうちは単なる武器で、格好よろしいのだけど
    後半になればなるほど能力バトル化していって
    ほとんどジョジョの奇妙な冒険のスタンド能力マンガっぽくなって面白くなくなっていくので
    カズキと斗貴子さんのイチャイチャっぷりを読んで、むふふ(*´∀`*)
    となるのが正しい楽しみ方。

  • パピヨンってキャラが、結構好きでした。

    でも、るろ剣よりあんまりハマらなくて、途中で購入やめちゃいました。

  • この漫画を切ったジャンプを散々呪ったのはいい思い出です。
    本編終了後のメディアミックスの激しさに吹いた。
    なにはともあれ、蝶サイコー!はあまりにも名言過ぎる。

  • 変態を見るたびに「あーこれ恋愛ゲーにならねーかな」と思います

  • 攻爵が好き過ぎる。

  • 今年一番熱かった漫画です。
    今更感がありますが・・・
    主人公が少しいまいちなのですが、その他のキャラや色々なパロディ、小ギャグが面白いです。
    ラストの斗貴子とパピの慟哭に涙しました。

  • もっとしっかり続けても良かったのではないかと思う作品。全体的に見て何となく納得がいかない。でもパピヨンが好きすぎるので星4つ。

  • あれだけ面白かったのに打ち切りにするジャンプの気が知れない。
    絵のレベルがるろ剣時代より格段に上がっているため非常に読みやすいと思うよ。

  • 前作の失敗を生かして、新しい「武装錬金」は、いろいろな部分で研究の成果が見られます。

    まず、前作の1番の失敗は、「武器」。
    主人公の武器が銃で飛び道具。いろいろな武器での戦いをかこうにも、敵に飛び道具以外のモノを持たせると、明らかに主人公の方が卑怯者になってしまいます。けっか、敵も全部ガンマンになるのですが、そうすると早撃ち出来る者が勝つという単調な展開に……。
    ということで、仲間というか、ライバルキャラに投げ縄とか持たしていたけど……。

    基本は、やっぱり「ガンフロンティア」みたいに、主人公は飛び道具を使わずに、友だちがその名人というのがバランスいいのですね。

    今回の「武装錬金」の主人公の武器は、槍。もちろん、今は直接攻撃で使っていますが、投げたりというレベルアップもしていきやすそうな武器です。

    あとは、ヒロインもけっこう研究したという話を聞きました。

    で、オーソドックスにすすめていくのかと思っていたのですが、どうして、和月さんのキャラクターは、こんなに、おもしろい方へおもしろい方へ ((悪い意味で))と流れていってしまうでしょうか?
    蝶の人とか……。

    なんと1話ごとにライナーノートをつけています。
    あいかわらず、自分を追いつめているなぁ。

  • 錬金・・・。一応錬金?

  • 少年漫画の王道(多分←)
    パピヨンが居ればそれでいい←

全71件中 1 - 30件を表示

武装錬金 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

和月伸宏の作品

武装錬金 1 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする