スティール・ボール・ラン (2) ジャンプコミックス

著者 :
  • 集英社
3.71
  • (78)
  • (73)
  • (167)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 1126
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088736136

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 似た名前の登場人物たちは先祖かパラレルワールドとのこと。パラレルワールドっていう解釈はなかなか思いつかないね。サンドマンが速く走れる仕組みの解説が荒木作品らしい。なんかスタンドみたいなの出てきた。名前はまだない。各々のドラマと因縁があって、チェックポイントまでのミニレースの積み重ねという意味では、ちょっと「弱虫ペダル」に似ていると思った。あるいは乗り物(馬)の差異という点にも注目して、チェックポイントを1年間の各レースだとするならば、それこそF1みたい。

  • 1st STAGE決着!?(ↀДↀ)✧

  • まだスタンドがほとんど出てこず、純粋な馬のレースだけど、おもしろい。ゴール直前のデッドヒートは胸熱。

  • ポコロコ気になる…スタンドみたいなのいるし
    3部6部ですっかりDIO信者の私的にはディエゴが相変わらず(?)美男子すぎてどうしようという感じです。

  • どのキャラも魅力的で優勝候補。
    ただのラッキーで勝負するポコロコがいい。

  •  サンドマン、インパクトあるなー!あの走り方はチャレンジしてみたかったりするかも・・・!そんで絵が綺麗で好きだー!

  • いいキャラ多い。

    メキシコからの向かい風だぜぃ!

  • はやく続きが読みたい

  • 超絶ラッキーマン、
    スーパー前向き男、
    運だけで主人公を凌駕する男ッ!

    てなんか、新しい…
    いや、新しくもないけど、
    才能とキャラクターが話しの主導権を握るJOJOの世界観の中で、
    「運」が武器ってなんかすげえ。
    いや、スタンド能力であろうことはわかってるんですけど、
    やることなすこと、全てラッキーに繋がっていくって凄いですね…

    でも、指名手配犯みつけてもいつ通報するんだろう…

    DIOさまが格好良すぎてクラクラします。
    今のところ、クールな感じだけど、
    いつ不可思議なセリフ吐いてくれるんだろう…

    そして、「ディエゴ」の愛称って本当に「DIO」なの?
    なんて。

  • 7部は主人公ジョニィだけを視るのでない漫画なんだぁ。
    ジャイロ・ディオ・ポコロロ・サンドマンの四人から溢れ出てくる魅力。正直2巻現在ではジョニィが一番地味だ。

    「馬で横断レースする」って変な漫画だなー。それを楽しめるのは良い違和感。

    ポコロロに指示出しているのはスタンド?
    ディオの相変わらずさはさすが。「左にぶれてた時だけ加速」とか。

    番外編もよかった。単行本書き下ろしなのかな?

全25件中 1 - 10件を表示

スティール・ボール・ラン (2) ジャンプコミックスのその他の作品

荒木飛呂彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

スティール・ボール・ラン (2) ジャンプコミックスを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする