DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)

著者 :
制作 : 大場 つぐみ 
  • 集英社 (2004年4月2日発売)
3.68
  • (1598)
  • (1180)
  • (3525)
  • (32)
  • (8)
本棚登録 : 9590
レビュー : 1211
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088736211

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ヒカルの碁」の絵を担当していた作者のマンガだが、
    全編通して非常に丁寧で綺麗な絵と、
    素晴らしいシナリオで展開されるサスペンスがたまらない。
    飽きさせない展開ばかり。破綻もなし。

    天才高校生・夜神月vs天才探偵Lのバトル、非常におもしろい。2巻を読むのが楽しみだ

  • 私のじゃむぷ黄金世代。
    月は神です(笑)

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「月は神です(笑)」
      結局、神になったの?
      画力に引き込まれたけど、、、話が悲惨過ぎて、途中で読むのストップしちゃった。。。
      「月は神です(笑)」
      結局、神になったの?
      画力に引き込まれたけど、、、話が悲惨過ぎて、途中で読むのストップしちゃった。。。
      2013/07/04
  • ネカフェで頑張って読み進めているところ。今ようやく9巻まで読み終わり。と。字が多い~。

  • やっぱLがいないと、とは思うものの

    最後までがっつり楽しみました。

    あまり細かい矛盾点(ともいうべきもの)気にしすぎず読んだ方が面白い。
    自分のアタマに去来する思考を楽しみつつ。

    ***
    全巻所持。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「やっぱLがいないと」
      その辺りで挫折、、、いつか再チャレンジします。
      「やっぱLがいないと」
      その辺りで挫折、、、いつか再チャレンジします。
      2014/03/01
  • 2017/3/30
    全巻読んだー!

    自由に人を殺すことができるデスノートを手にしたライトと彼を追い詰めるエルの頭脳戦を描いた話。

    うーん、完璧な漫画、だと思う!
    読んでいて痺れるものがある。続きが気になって飛ばし読みしてしまうほどに面白い!
    ライトのような頭がキレる酷薄な男大好き!

    設定の時点で美味しすぎる。模試で一位を取る天才高校生が死神リュークと出会ってデスノートを使いながら悪を懲らしめるだと!!そしてライトを追い詰めるまたもや天才で一風変わったエル!!最高の組み合わせ。マグネットのSとLのような組み合わせよ。

    続きアリ

  • 全12巻
    1~7巻、第一部 ☆☆☆☆
    8~12巻、第二部 ☆☆☆

  • 1~2巻まで
    小学生の時ハマって漫画も読んだけどただ怖かった(><)今読むと面白い!最初から圧倒的画力。好みではないけど上手すぎる。リュークがめちゃくちゃ可愛くて愛しい、、4コマが癒やし❁どうしてもライトを応援してしまうな〜

  • 正義って何というような面白さもありましたが、一番未だに引っかかっているのはエルを育てた修道院が恐ろしいところだと思うのです。

  • 一時代を築いているし、いまもリメイクが繰り返される良作
    読み手の期待通りの結末であったことが良いと思う

  • 全巻読了。やっぱり面白い。

    文字(説明的なセリフ)の多い漫画なんだけど、毎回次が気になってしまう。
    終わったときは、うわー終わったーと、すんなり納得のいく終わり方だった。

    あと、こんなに短い話だったっけ?と驚いた。それだけ中身が濃い。

  • 2017年4月27日

  • 「デスノート Light up the NEW world」
    2016年10月29日公開
    キャスト:東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、川栄李奈、戸田恵梨香
    監督:佐藤信介
    http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/index2.html

  • 力を持つと人は変わる。

  • 評価・感想は 全12巻について。

    前半の「月とLの息もつかせぬ激闘」「月が考えだした(綱渡り的な)作戦」が見事!

    ラストが美しい。新しい宗教の始まりかも。「メシアの死」はすでにある。教えを伝える者がいてそれに結びつく権力があれば、いずれはメジャーな宗教になりそう。

    ところで、月は、志の通り世界を変えることができたとして、その後に必ず訪れる自身の死の後については、どう考えていたのだろうか? 完璧主義者だし、考えていなかったはずはないと思うのだが。

    後継者くらいしか思いつかないが、月が納得できるような者が現れるような気がしない。変革後の対策なしに月が死んだら、世界はめちゃくちゃに荒れるはず(汗

  • 閻魔帳みたいなものか?

  • 大好きな作品ではあるけど、久々に読むとデスノートのルールを覚えるのがちょっと面倒くさいし、このあとの展開知ってるのもこの作品には致命的かも。でも小畑健の絵は綺麗。

  • 映画でしか観たことがなくて、今更過ぎるけど漫画も読みたくなって読んでみる。

  • ミュージカルの観劇まで1ヶ月を切ったので読み直し。
    前回は流れを知るために12巻をまとめ読みだったけれど、今回はじっくりと読んでいきたいと思います。
    ノートを拾ったばかりのライトはまだ、純粋な正義感だけで動いています。最初は戸惑いも葛藤もあったことを再確認。これが、楽曲披露で歌われた「できるものなら」でほぼ表現されちゃうんだな、きっと。

  • 全12巻。
    (13巻はムック本のため置いていません)

    映像化もされ、一世を風靡しましたが、頭脳戦といえば今でも本作品は外せないでしょう。

  • Lが好きだったからなあ!

全1211件中 1 - 20件を表示

DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)のその他の作品

小畑健の作品

DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)に関連する談話室の質問

DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする