銀魂-ぎんたま -2

著者 :
  • 集英社
3.41
  • (318)
  • (187)
  • (1448)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 3416
レビュー : 108
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088736327

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これぞ漫画って思う。ベタな笑いに素直に笑える。ジャンプには必ずこういうの入ってないとね。疲れた30代にオススメ

  • 銀魂の人情話はいつもとってもいい話。
    「百万本には及ばねーが後は愛情でごまかして」
    さらっと出てくる「人生を楽しく生きるコツは童心を忘れねーことだよ」という言葉も好き。
    「おめーが綾乃のわけねーだろ!! 百歩譲っても上に「宇宙戦艦」がつくよ!!」には毎回笑う。若いころのお登勢さん超美人。

    定春の回もあったかい。銀さんはなんだかんだ優しいのよね。

    「ケツ毛ごと愛します」って言えるお妙さん、泥をかぶりながらもいろんなものを護る銀さん、それを分かってるお妙さん、いつだって「俺の武士道(ルール)」を護る銀さん、いい女だ、いい男だ。土方さんとの決闘のとき銀さんが剣を抜くシーンがすごくかっこいい。

    「そーっスねェなにか…こう巨大な…ハムをつくる機械とかに巻き込まれている可能性がありますね」から始まるみんなの「ハム」発言が最高すぎる笑
    新八と神楽を自分の人生にとって大事な荷物だと言う銀さんと、銀さんが大事な荷物を背負う手助けをしようと言う桂さん。いいなあ!

    そして読み切り「しろくろ」。空知先生の漫画はやっぱりおもしろかった!空知先生のコメント含め好き笑。
    苦しい現実や自分の中の負の感情から目を背けずに、ちゃんと向きあって生きていこう。
    「陰の気だァ? サバサバ系美少女とみ子が そんなジメジメしたもん出せるわけないだろがい」っていうとみ子のセリフがなんかすごい好き笑

    ーーーーーーー
    第七訓 一度した約束は死んでも守れ
    第八訓 粘り強さとしつこさは紙一重
    第九訓 喧嘩はグーでやるべし
    第十訓 疲れた時は酸っぱいものを
    第十一訓 べちゃべちゃした団子なんてなぁ団子じゃねぇバカヤロー
    第十二訓 全国のコギャルども門限は守れ
    第十三訓 便所で生まれるのは汚れたものばかり
    読切作品 しろくろ

  • 新たな仲間(巨大生物・定春)を迎えお気楽ムード全開の万事屋に、不良コギャルの捜索依頼が舞い込んだ。早速動き始めた銀さん一行だが、非道な宇宙海賊が絡む麻薬密売事件に巻き込まれ!? 伝説の傑作「しろくろ」収録!!(Amazon紹介より)

  • 再読。

  • 良い話とギャグの割合がちょうどよくて好き。
    定春でかい(笑)
    拉致られた新八と神楽。
    助けに向かう銀時と桂。続きが楽しみ。
    よみきりの「しろくろ」も思ったより読みやすいし面白かった。

  • 短編の山本さんが銀さんに似てます。

  • 2014 04

  • 幕末はあんまり関係ないのがわかった。
    一話完結のほうがテンポがいい

  • 近藤さんは新選組の人たちにとっては頼れる兄貴って
    感じなのかも知れないが、なんかおかしな人。

    定春可愛いけどちょっとでかいな・・。
    普通捨てていきますか、あんなでかい犬(苦笑)

    出てくる人たちの殆どが個性的過ぎる

  • おもしろすぎる

全108件中 1 - 10件を表示

銀魂-ぎんたま -2のその他の作品

空知英秋の作品

ツイートする