DEATH NOTE (3) (ジャンプ・コミックス)

著者 :
制作 : 大場 つぐみ 
  • 集英社
3.49
  • (429)
  • (229)
  • (1542)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 4051
レビュー : 135
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088736525

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Lがかっこいい。

  • 月と竜崎の腹の探り合い、直接対決。展開が早く、緊迫感があり、頁を捲る手が止まらない。
    二人の頭の回転が早過ぎて戸惑う。

  • 2017年5月4日

  • お父さんがどんどんやつれていって、いつか死ぬんじゃないかと心配。ライトの父にしてはいい人すぎだよなあ。 L優勢かと思ってたら第2のキラが。よくできてます。

  • 作品のなかにテンションを上げるような見せ場があって盛り上がる。でも台詞の量が多いことが関係するのか、なかなかリズム良くは読めないところも。

  • リュークのお茶目度アップの3巻。ここで、ライトとリュークの関係性が出来上がったようにも思えるし、ここでリュークを好きになった人が多いのでは?私もその一人ですσ(^_^;)
    でも、死神はやっぱり死神。そんな部分を悟った上で読んでも、やっぱりこの辺りのリュークは可愛いです。

    一方でライトは大学生に。Lからの接触に戸惑いながらも、迎え討つ覚悟を決める。本当の意味で戦いの火蓋が切って落とされたのはここになるのでしょう。
    似た者同士の好敵手と互いに認め合い、騙し合う。この二人の攻防戦がこの作品の一番の魅力なんだなと、改めてそう思いました。

  • bookoffへ
    2013/7/28

  • エルvs.ライト、直接対決スタートな三巻目。ライト父、すっかり白髪化…かわいそう。能弁でオーバーリアクションな伝説のライト(笑)が発動、そして二人目のキラとか。エルは入学式以降、大学行ってないよな。

  • 読んでいるときは凄く面白く続きが気になったが、終わってしまったら熱も覚めてしまった。

  • とんでもなく悪いことをしているようには見えない所がいちばん怖い。
    そして、その結果としてこの流れは納得できてしまう。
    それも怖いと言える。

全135件中 1 - 10件を表示

DEATH NOTE (3) (ジャンプ・コミックス)のその他の作品

小畑健の作品

DEATH NOTE (3) (ジャンプ・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする