BLACK CAT 20 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.36
  • (28)
  • (38)
  • (171)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 543
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088736624

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 兎に角、キャラがカッコイイです。

  • も、大好き。やばい。最後泣けた…

    クリードも大好きだけどトレインもやばいね。

  • 全20巻読破

  • 最近読んでない…絵は好きなんですがストーリーが微妙だったような 所詮じゃんp

  • 完結。兄所有物。

  • クリードさんとの最終決戦がいまいち…だった。だって、もうちょっと長くても良かったのではないか。

  • 黒猫もいいよねぇww
    自由気侭な野良猫…

    うっらやましいなぁ…(´Д`) =3 ハゥー

  • まぁまぁ面白かった。
    終わり方もすっきりしてたし。画も綺麗。

  • 全巻読破。所持。
    元殺し屋の飼い猫は自由な掃除屋の野良猫となった。
    過去に揺れ動くも、狙われて挟まれて、死闘を繰り返し仲間と一緒に強くなっていく。

  • 終わってもずっといいよ

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

矢吹 健太朗(やぶき けんたろう)
1980年高知県生まれ、岡山県育ちの漫画家。男性。
第14回天下一漫画賞(1997年9月期)で、「MOON DUST」により秋本治審査員特別賞を受賞。デビュー時は現役高校生だった。初連載作『邪馬台幻想記』開始時は18歳。
代表作に『BLACK CAT』、『To LOVEる -とらぶる-シリーズ』。

矢吹健太朗の作品

ツイートする