DEATH NOTE (4) (ジャンプ・コミックス)

著者 :
制作 : 大場 つぐみ 
  • 集英社
3.46
  • (387)
  • (245)
  • (1560)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 4027
レビュー : 155
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088736716

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミサが頭悪すぎて、こんな女の介入で月とLのバトルのレベルがめちゃくちゃになってるのが納得いかず。

  • 2017年5月7日

  • ミサ、レムの絆がよかった。気持ちで動いてしまうのは、女性だからか?ジェラスの話といい、切なかったです。ライトが黒すぎて笑える。リュークが可愛い。

  • ゴスロリ、主人公に好かれてない、初登場時で20代。こんなジャンプヒロイン見た事がない。でも新鮮。一見バカで自分勝手で恋愛脳だが盲目的なシスターのごとく一途な女性。しかしながら彼女のプロフィール、いつ読んでも身長とヒップはともかくバストとウエストは5センチずつサバ読んでるよなと思う。

  • ややこしいけど、盛り上がるなぁ・・・。一コマに対してのコラージュ的な演出が情報量が多い作品の中で演出として生きてるようにも感じる。

  • ミサミサ登場編。初読の時はぶっ飛びすぎだと思ったのですが、とにかく真っ直ぐだということに気付きました。
    レムが不幸になるところを見たくない、という慈愛の気持ちを抱くのも納得。
    そういう想いすべてを踏みにじっていけるライトは、愛を知らない可哀想な人間なのかも。

  • ジャンプのアプリで連載されてて、今更ながらコミックを読む。いやー、面白い。売れたのもわかるね。小畑さんはほんとに絵が上手だ。エルとライトが出会ってからは裏の読みあいで、読むのに時間がかかる。コミックなのに。正直、ミサの登場はいらないと思うけど、この先どうなるのか、とは思う。ライトもエルも頭が良すぎる。コミック読み終わったら、映画も見るぞ。つーか、私は時代に遅れ過ぎだ。。。

  • このあたりは、だんだんとより邪悪になっていく月がおもしろいですねぇ。
    そして、もう、何が正義かわからなくなってく。

  • bookoffへ
    2013/7/28

  • 多分この辺で離脱してしまっている。

全155件中 1 - 10件を表示

DEATH NOTE (4) (ジャンプ・コミックス)のその他の作品

小畑健の作品

DEATH NOTE (4) (ジャンプ・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする