Steel ball run (Vol.3) (ジャンプ・コミックス)

著者 :
  • 集英社
3.67
  • (75)
  • (67)
  • (179)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 1094
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088736730

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんか、ぐるっと1周まわったこの世界で、スタンドの起源というか、謎がとけそうな感じでおもしろいですねぇ。

  • ジョニィのガッツがかっこいい…!かと思えば「なんで見てないんだ!?」とかお茶目で楽しいです
    で、ここに来て謎の殺人事件もおこるしジャイロの経歴も謎だしあの一家謎だし…

  • 殺人事件発生。

  • すごくジョジョっぽくなってきた・・・!そんで色んな能力って前にも見たことあるような気が・・・いやいや!気のせいだな!とりあえず面白いので次の巻いっちゃう!

  • いよいよスタンドバトルの展開になってきた。
    ところでジャイロはスタンド使いじゃないのにどうしてスタンド見えたの?

  • いよいよ「スタンド」って概念が出てきましたな。
    「大熊座」って方角を指定したことには何か意味が?
    一回しか言及無かったから特に意味はないのかな…

    まるで複数主人公のようで、
    様々な選手たちの様子が見れて楽しいです。
    いよいよタッグを組んだジャイロ&JOJOもキュートなんですけど、
    なんなんですかね?
    LA・ブンブーン!
    かわいいぜええこんちくしょおおお!!
    このひと、ほんと「おばかな弟」好きだよね…
    第3部からいたよね、兄貴を盲信するお馬鹿な弟…
    一家に一台欲しい…

    マウンテン・ティムはイマイチ好きになれないんですけど、
    サンドマンも気になるし、
    ジャイロの過去や、現れ始めた敵や
    勿論、一番はスタンド能力が気になりますね!

  • ジョジョっぽくなってきた

  • やっぱりツェペリとジョースターは手を組む運命なんだなー。

    7位にシュトロハイム、19にヒガシカタがいるゥッ。

    7部では「スタンド使い」でなく「呪われたヤツ」って言い方になってるのかー。

    マウンテン・ティム今のところ際立っている。最初は胡散臭い感じだったが、あの能力に一発でやられた。
    ジョニィは今までのジョジョより貧弱な印象。

  • 再読時登録。今巻からようやく「らしい」バトル要素が見えるが、能力を使ってくるブンブーン一家の前に「技術」を使うミセス・ロビンスンを置いてることで能力の異常性を際立たせているのが良い。今の所主役二人が能力を持っていないからブンブーン一家に対立する形でマウンテン・ティムを対抗に置いておくというのも効果的な印象。
    また能力を際立たせる場面の構図が今まで異常に凄まじい。鉄球が削られるシーンやロープに分かれていく場面をもう一度見て欲しい。

  • ついにジャイロとジョニィが相棒に!
    1巻から感じてたけど、ジャイロを描くときのアングルがフェチ臭い。めちゃくちゃかっこいいぞ!

    3巻は、これまでのジョジョっぽいシーンが多かった。いよいよスタンドが出てきたからかな。

    相変わらず敵も魅力的なジョジョシリーズ。
    今回は、ブンブーン一家のキャラが濃かった。
    ブンブーン一家の弟のビジュアルもすごいがセリフもすごい。

    マウンテン・ティムは、登場時は胡散くさいしいかにも正義です清潔ですって顔してたから脇役かと思ってたけど、違うんだな。
    登場時より賢そうな顔になっている。

    ジョニィは、元おぼっちゃまって感じが抜けなくて、新しいジョジョだな。毎回、全然違うタイプの「ジョジョ」を生み出せる荒木先生神!神ってことは、もう周知の事実だから私が言うまでもないが。

    ページをめくる時間も惜しくなるくらい面白くなってきた。
    4巻に突入だー!

全22件中 1 - 10件を表示

Steel ball run (Vol.3) (ジャンプ・コミックス)のその他の作品

荒木飛呂彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Steel ball run (Vol.3) (ジャンプ・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする